lupa

フラメンコ事典 Flamenco

  • Debla(デブラ)はフリースタイル派に属し、ギターのアカンパニングがありません。Debla はジプシーの方言で"diosa(神、神のような存在)"という意味です。そのため、ジプシーたちはこの伝統的なジャンルのカンテで洗礼を受けました。それによって、フラメンコの"diosa"たちに伝えようとしました。Martinete(マルティネテ)やCarcelera(カルセレラ)とルーツやジャンルにおいて関係があります。デブラは主にメリスマで構成され、マルティネテ以上に傷心のニュアンスが強いカンテです。

  • わたしたちがバイレを終える瞬間、もしくはフラメンコバイレの美しいオリジナルなPaso(パソ)のレマテのような瞬間です。それはシンプルなラスゲオのパフォーマンスのギターに一致し、また床を蹴り叩く激しいGolpe(ゴルペ)でメロディの最終局面まですすみます。

  • アンダルシアの "Duende(ドゥエンデ=小妖精、小鬼)" は"言葉に言い表すのが難しいミステリアスな魅力"、"誰でも感じる、哲学的な説明のないミステリーの力。フラメンコのイマジネーションにおいて、Duendeその“魔力”は技術を超え、インスピレーション" を与え、その力にたどり着くにはそのための地図もなければトレーニングもない…競技で言うところの“ZONE”に似ています。この領域にたどり着いたアーティストは表現として「Duendeと一緒にカンテをした」もしくはバイレをしたなどといった言い方をします。

弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。