lupa

フラメンコ事典 Flamenco

  • Morisca(モーロ式の)のフェスティバルでカンテされます。かつてはアンダルシアのヒターノのフェスティバルでカンテさていました。現在にまで残るスタイルはグラナダのサンブラです。
    Sacromonte(サクラモンテ)の洞窟では、同時に最小で3つのバイレが統合して構成されます: la alboreá, la cachuchaや la moscaなど。これらはヒターノの結婚式にある3つの段階をシンボルとして表すものです。

  • 19世紀、"Raspao(ラパソ)"が具体的に形成されました。"Antonio Bilbao" と"Estampío"は、現在でも続く振り付けのアウトラインをつくりあげました。
    コンパスは2/4もしくは6/8で、トナリティは“ド・メジャー”です。よくショートのジャケットとトラウザーでパフォーマンスされます。
    バイレは非常にあっさりとした簡素なもので、サパテアドのグループとのコンビネーションがあるため、洗練された技術が必要とされます。

  • フットを使っておこなわれるリズミックなパーカッションです。シューズのソール部分のヒールとつま先を使います。
    フラメンコだけでなく、フットワークのあるスペインやラテンのバイレでもこの用語は使われます。

  • アンダルシアのポピュラーなカンテ&バイレです。その特徴は三重のメトリックです。Zorongo(ソロンゴ)の最も有名なのアーティストはLa Argentinita と Federico García Lorca です。カンテとピアノのレコーディングをおこなったのが1931年です。フラメンコパロとしての厳格さは一切なく、アンダルシアのスタイルの一つとしてフラメンコ化するのを容易にします。

弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。