lupa
section image

ホアキン・コルテス

Consejo FlamencoExport

ホアキン・コルテスはラッセル・トーマスディレクターのもと2002年6月にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われたライブ・ショーの収録DVDをリリースしました。ラッセル・トーマスはアイスランドの歌手ビョークなど世界的に著名なシンガーを多く手がける彼自身が著名な音楽ディレクターです。
“ライブ”とは音楽や曲がそのステージ中心に据えられるショーです。ホアキン・コルテスは作品をフラメンコのフォームを通して、また“トロ”に対面している緊張感に溢れた闘牛士のように彼自身を聴衆者にさらす事でひとつの大きな“旅”とらえています。コルドバ出身のダンサーである彼は何一つ恐れることなく彼のダンス、優雅さ、センスを通じて表現し挑戦しています。
約2時間にわたる上演の収録コレクションでホール内の細部にわたる部分まで包み隠さず明らかにした申し分のない作品です。さらには英語の字幕つきで、フラメンコに対する彼の考え方、彼に与えた影響などを収録したホアキン・コルテスのインタビューが含まれています。さらにはリハーサル中に撮られた彼のフォトアルバムが付いております。

Comentario FlamencoExport

ホアキン・コルテスはフラメンコダンスのベースを芸術家として、またスペインの"文化の大使"として世界に広げております。
彼の舞台衣装は常にジョルジオ・アルマーニによってデザインされております。仕事における彼らのコラボレーションは9年にもなります。「わたしは異なるダンス、ミュージックをわたしのショーに取り入れています。ただ飽くまでも、決して変わることのない私のスタイルのルーツは伝統フラメンコにあります。そこにはクラシックダンスのような多くのルールや、テクニック的なものもありません。それはジプシーの人々にとって既に血となっているものであり、生活そのものなのです」
弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。