lupa
アバニコ (扇子)

アバニコ (扇子)

アバニコ (扇子)

アバニコ (扇子)
section image

アバニコ (扇子)

Comentario FlamencoExport

アバニコ(扇子)はその長い歴史において優雅さの象徴として、またコミュニケーションの手段として、様々な用途に用いられてきました。私たちが扇子を使って風を送るとき、私たちが感じるその清涼さはいつも私たちに喜びを与えてきました。
 また時に情熱を伝えるため、また感情をほのめかす手段に使われてきました。すなわちその姿、スタイル、眼差しは女性が男性に密に会うことを意思表示するためための唯一の伝達手段、ほのめかしの手段として使われてきたのです。つまりアバニコは上記のような女性らしさをかもしだす場面において常に”小道具のメーンキャスト”としての一面を持ち合わせていたのです。

Comentario FlamencoExport.

アバニコには各パーツに固有の専門用語が付いています
 
País(パイース):布地部分
varillas(バリージャス):扇子の骨組み部分で、染色したり透かし彫りが施される部分 
caberas(カベーラス): 最初と最後のバリージャで他のバリージャよりも太く作られている
calado(カラード):バリージャの上に施されたいる透かし彫りの部分 
abanico(アバニコ):扇子の全体部分
弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。