lupa

カスタネット

カスタネット

section image

カスタネット

FlamencoExport aconseja:

そのカスタネットがどんなものであっても、それが完璧なサウンドを生み出すのに絶対的に必要であることは間違いのないことでしょう。何時間も叩き続けることでそのようなサウンドに達することができるでしょう。また、唯一気を付けなくてはならないことは、デリケートなカスタネットをそのまま放置しないことです。専用のカバーをかけてやって下さい。
高温多湿な環境はカスタネットにとって大敵です。そういった環境に放置してしまうと、カスタネットには簡単にヒビ等が入ってしまい破損の原因となってしまいます。より良きカスタネットの製造のため、プロのダンサー達が素晴らしい真のサウンドを手にできるような高品質のカスタネットを提供できるように、わたしたちは伝統的な知識、技術を大切にしております。

Comentario Flamencoexport

カスタネットにはそれぞれ“male(男性)”“female(女性)”があります。femaleカスタネットはカスタネットの口の開きがより大きいことによりより高音を出すことができます。カスタネットの各パーツにはそのぞれ下記の名前が付いております。
 CORAZÓN(コラソン):内側の凹み部分
 CONCHA(コンチャ):内側、外側全体のピース部
 OREJAS(オレハス):ピースの上部にある2つのピースを繋ぎとめている紐を通すための穴です。
 PUENTE(プエンテ):楽器の中で最も狭い部分で2つピースが繋ぎ合わさっている部分です。
 PUNTO(プント):両方のピースが打ち合わさる部分で、そのカスタネットの音の質はまさにこの部分の質によると言えます。
 LABIO(ラビオ):ピース部に入ったコンチャ部とオレハス部を分けるようにあるラインの部分です。そのラインが楯形をしていることがよくあります。
弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。