lupa

フラメンコ事典 Flamenco

  • フラメンコのバイレ(ダンス)はあらゆるダンスの中でも、とりわけ躍動感溢れ文字通り“情熱”を感じさせます。そして現在もコンスタントに発展を続けています。
    しかしその基本となる部分は1869年~1929年には具現されていました。その時代は“ フラメンコの黄金時代 ”と認識されています。
    フラメンコダンスの創成はギターと切っても切り離すことはできません。フラメンコの楽器として必要不可欠な存在です。

  • ブレリアはアンダルシアとエクストゥレマドゥーラの田園地域で主に若い女性とその母親たちが参加して行われていました。大きなエスティバルがあった時は、町の名士らがそれらを引き受けました、それによって起こり得るいざこざを収束することに結果として貢献していました。
    18世紀の初頭にはこれらのフェスティバルは命名されポピュラーなものとなります。

  • Bulerías(ブレリアス)はヘレス・デ・ラ・フロンテラにおいて最もポピュラーなフラメンコパロで、一般的に8音節に3、4つの韻文で構成されます。ソレアなどでリフレーンとしてよく使用されます。

    Bulerías(ブレリアス)はオリジナルのマトリックスに忠実で、初期の頃のパートでは、とてもゆっくりで規則正しく、バイレ専門であるというのが特徴的でした。その後、カンタオレスは声を重要性を徐々に増していき、逆にリズムが占めていた重要性を減らしていきました。さらにより個人的なスタイルへと変貌していきました。
弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。