lupa

著名フラメンコアーティスト Flamenco

  • Adela Fernández Jiménez はまたフラメンコシンガー ”Adela La Chaqueta” としてもよく知られています。しかし彼女は"La Gitana" と呼ばれるのを好んでいました。1918年にカディスで生まれ、1995年にヘレスで亡くなりました。

    アーティストはフラメンコの大家族 "chalecos" と "pantalones" の家柄で、"El Mono" の 娘、Tomás "El Chaqueta" やJosé "El Chaleco", Antonio "El Chaqueta", Imperio de Granada & Salvador "El Pantalon" らの義理の兄弟姉妹、Juan Doblones と Canono の

    従兄妹、"El Chaqueton" と "El Flecha" の叔母などでした。

    1993年10月12日、わずか15歳でマドリードにやって来て、スペクタクルショー "Las Calles de Cadiz" でデビューを果たします。そのときプロデュースをしたのはLa Argentinita でした。

    彼女は自身のキャリアで非常に多岐にわたるタブラオで、Manolo Caracol, Pepe Marchena, Manuel Vallejo, Tomás や Pastora Pavón など当代きっての有名アーティストらとコラボレートして舞台を踏んできました。

    彼女は "Los Canasteros", "La Venta del Gato" や "La Zambra" で活動しながら長年にわたってマドリードで生活しました。

    アーティストの特徴として、彼女は若くて魅力的なトーンの声を持っていました。その声で様々なフェスティバル・ソングや "ida y vuleta" と呼ばれる歌のエキスパートとして名を馳せました。

    アーティストにはそれほど多くのレコーディングはありませんでしたが、彼女は間違いなく時代のベストシンガーの一人でした。

    1986年と1987年には、彼女は"El Sur y la Petenera" のショーをManuel Vargas の指揮で開始させます。また、Fernanda de Utrera, El Chocolate, Juan Habichuela や El Farruco らと共にショー"Flamenco Puro" をニューヨークでパフォーマンスします。1995年、亡くなる直前にアレグリアのコンペティションでカディスでパフォーマンスしました
  • Adela Silvia Campallo は1977年にセビリヤ市内のフラメンコ地区 "Cerro del Aguila" で生まれました。Manolo Marin のアカデミーで最初のフラメンコの手ほどきを受け 、そのとき以来、José Galván とキャリアを開始し、その時にダンサーとして原型を作りました。

    しかしながら、その後彼女はEva la Hierbabuena, Antonio Canales, Javier Barón, her brother Rafael Campallo, Adrián Galia や Manolete らとともに自身のアートを改良向上させました。彼女は"Compañia Andaluza de Danza" に自身の活動場所を得るまでは、あらゆる場所で非常に多くのショーで活動し、その後上記団体に参加しました。現在アーティストはAndres Marin らと活動し、セビリヤにとどまらず、バルセロナやさらには東京にまでその範囲を拡げています。

  • Adrián Jorge Caviglia Marcioni、とりわけ "Adrián Galia" の名でよく知られたフラメンコ界屈指のこのアーティストは1965年に Buenos Aires で生まれました。1978以来、スペインに居住して有名なダンスアカデミー "Amor de Dios" でレッスンを積んできました www.amordedios.com 。アカデミーは偉大なバイラオーレスを多数輩出した名門で、Adrián Galia 自身も、マエストロ Ciro, Manolete, Isidro "El Mono" や "La China" らからトレーニングを受けてきました。彼は10代の時、レッスン "Ballet Español de Madrid" に Luisa Aranda, Merche Esmeralda, José Antonio や Eduardo Serrano El Güito らと共に参加しました。1988年には彼は "Teatro de Danza Española" と "Ballet del Teatro Español de Rafael Aguilar" の第1バイラオールとなりました。そこではまた、アーティスト Maya Plisetskaya, Julio Bocca らともコラボレートし、その後自身のグループ "Compañía de Flamenco Adrián Galia" を立ち上げるにいたります。1992年にはパリで Joaquín Cortés とコンビを組み公演し "Certamen Internacional de Coreografía de Danza Española Y Flamenco de Madrid" のグランプリに輝きました。1993年には "Compañía de Cristina Hoyos" に参加、1996年には "Teatro de la Abadía" にてソロ活動を再開し スペクタクルショー "En Clave Flamenca" を発表しました。1997年には自身の "プロジェクト" オーディオビジュアル・エンサイクロペディア " Paso a Paso los Palos Flamencos " の制作を開始しました。作品ではバイレセオリー、手の動き、腕の動き、体の動きなどが紹介されています。1999年には "Teatro de Madrid" でスペクタクルショー "Pensando Flamenco" が初公開され、2001年には大阪の "Tablao el Flamenco" にて公演。同年には "Jaspain" を立ち上げ、東京で日本で初となる振り付け団体を始動させました。2004年には Antonio Gades に呼ばれ、言わずと知れた秀作 "Carmen" で "Don José" の役を果たしました。

  • Agustina López Pavón は "Tina Pavón" の名でよく知られ、1948年の6月30日にカディスのサン・フェルナンドで生まれました。彼女はそこでカンテのルーツを自身の家族より受け継ぎ、習得しました。彼女が16歳のとき、家族がカディス県のヘレスに引っ越します。20歳の時にはウエルバに移り、そこでグループの中でのカンテを本格的に開始しコンペティションにも参加するようになります。

    1982年には Mairena del Alcor 賞を、1983年にはコルドバでナショナル・アワードを受賞しました。現在、ウエルバのフラメンコグループ "Aula de cante" を指揮しています。


    ディスコグラフィ:

    Ecos de la Alameda
    Mi cante como bandera
    Sueños del Rocío
    Sal y duende
    Rosa de cera

  • Alfonso Salmerón Salmerón はよりアーティスティック的に "Alfonso Salieron" の名で知られています。1944年10月23日にアルメリアで生まれました。
    7歳のときにコンクール Radio Juventud で始めての優勝をします。アーティストの両親はカンテのファンでした。14歳のときに José Sorroche、Domingo Garbín らとともにバルセロナに移り、そこで2年間を過ごします。
    その後アルメリアに戻り、兄弟である Manuel と一緒にバーで活動を始めます。徴兵によりマドリードに滞在していた期間は彼にとって重要なピリオドとなります。自由時間を使って "Los Arcos de Cuchilleros" に行きました。そこでコンスタンシィとレギュラリティを学びます。アーティストはそこで Las Brujas, Zambra, Cuevas de Nemesio, los Canasteros や el Café de Chinitas などで契約を獲得、さらに結婚を機により身を定着させるようになります。
    1985年にはタラントでナショナル・アワードを受賞します、アビラの活動を通して自身のフラメンコグループを結成。この時期に "p'alante" カンテを確立します。このカンテを歌いながら María Rosa, Antonio Gades, Matilde Coral, Mario Maya, el Güito, Sara Lezama, Carmen Mora ら実力派アーティストらとプロとしての経験を積み上げ、さらには Antonio とはナショナルバレエ団でコラボレートします。
    1985年と1986年にはウィーンでオペラ Carmen を José Carreras と Von Barajan と共に行いクラシックミュージックを身につけていくことになります。結果として自身のアートをより豊かに、オリジナルなものにしていくことに成功します。
    現在 Alfonso Salieron は、マドリードの王立音楽院でカンテの授業を持ちながら、スペインバイレのカンタオールとしてアーティスト活動も続けています。彼はコンパスのカンテに秀でており、alegrías, bulerías や tangos など、また地元の音楽である taranto はより大きなエモーションでパフォーマンスしました。アーティストの最後のチャレンジはビッグ・プロダクトの制作指揮です。作品は10人のミュージシャン参加を考え、マドリードの José Saramago シアターで催すことを目標にしています。

  • "Alfredo Tejada" の名で知られたアーティスト Alfredo Tejada Zurita は1979年5月17日にマラガで生まれました。彼が10歳の時、家族はグラナダに移ります。彼の母はジプシーの出身でタブラオ "El Jaleo" でカンタオーラとしてパフォーマンスしていました。4年間の音楽の勉学の後、ギタリスト Luís Millán が彼の才能を見出します。チャンスを得たアーティストはグラナダのフラメンコフラメンコ業界に自分を売り込んでいきます。Alfredo はアンダルシアの複数のコンクールで賞を獲得していきます。彼はグラナダの Rocio del Sacro Monte で仕事をしながら Miguel Ochando の レコード "Memorias" に Adrian Gala と共に参加します。

    ムルシアの Chumbera 講堂で3つのミネロ:taranta, minera そして cartagenera de Chacón をパフォーマンスしある種のセンセーションを呼びました。その後オリジナルの新しいトーン、メロディックでバラードに近いファルッカを演奏しました。

  • "Ana Parrilla" の名で知られた Ana Fernández Molina は カディスのヘレス・デ・フロンテラ で生まれました。彼女の祖父は Juan Fernández Carrasco で "Juanichi El Manijero" の名でよく知られ、有名な セギリージャ de "El Cuco" のクリエータでした。彼の父は Manuel Fernández Moreno で "Tío Parrilla de Jerez" の名で知られたアーティストでした。彼女の母はアルヘシラス出身の Bernarda Molina Vega, 彼女の兄弟姉妹は Juan Parrilla "guitarrista", Manuel Fernández Molina "Parrilla" と Manuela です。叔父は Gregorio Fernández "Parrilla", Juan Fernández "Tío Juanichi Parrilla", Manuel Fernández "El Sernita de Jerez" や Juana Fernández "Tía Juana la de El Pipa" らでした。

    アーティストは長い闘病生活の後、7月11日に亡くなりました。

    かなり若い時期からフェスティバルやマラガやマドリード、カディスのタブラオで頭角を現しました。1970年には兄 "La Trini de España" , José Menese, Antonio Núñez "Chocolate" にアカンパニーしカディスのタブラオで活動しました。
    1971年の9月に Enrique Morente と彼の兄弟 "Parrilla de Jerez" と共にメキシコに飛び立ち3ヶ月半の活動を行いました。スペインには12月20日に戻ってきました。
    1972年の3月から7月まで兄弟 Manuel とコンビを組みマルベージャのタブラオ "Fiesta" でパフォーマンスを行い、その後プエルト・ブエナスのタブラオ Lola Flores で、さらにマドリードの "Caripén" で10月末まで活動しました。11月1日にはアーティストの兄弟も参加し2月17日まで南アフリカとローデシアで活動しました。
    1974年の2月には彼の兄弟のグループ "Luisillo" のツアーに復帰しベネチア, ジェノバ やその他イタリア各都市を巡りました。1974年の3月にスペインに戻りました。
    1978年の9月には2人の兄弟と甥の Manuel Parrilla らと共にプロデューサー Manuel Torre に指揮された " CONGRESO DE ACTIVIDADES DE FLAMENCO" をスペイン北西部の州サモラで企画活動しました。
    1979年にはマドリードの "La Venta del Gato" 、1984年には兄弟 Curro Malena と Chano Lobato と一緒にベルギーの都市 Kortrij と Muscrón で活動、1ヵ月後には首都のブリュッセルで活動しました。
    1992年にはセビリヤ万博内での Ana Parrilla のスペクタクルショー "de Jerez a Cái" に参加して6ヶ月間パフォーマンスし、パビリオン内のグランプリに選ばれました。
    グループは常にツアーを続けてヨーロッパのみならず、アジア,アフリカそしてアメリカでもツアーを行いました。
    1984年にはアンダルシアのフラメンコ学およびフォークロア学におけるヘレスカップを獲得しました。彼女の際立ったパフォーマンスの中でもとりわけ、1986年のマドリードの "Teatro Alcalá Palace(現 Nuevo Teatro Alcala)" にて、兄弟と共に行った "III Cumbre Flamenca" での参加は記憶に残るものでした。

  • Andrés Cansino は1971年の10月にマラガで生まれました。9歳の時、複数の教師について音楽の学習を開始ししましたが、その後(初のステージを踏む)16歳までは独学することを決心します。アーティストは12のレコードを発表しました。彼はクラシカルなギタリストで Manolo Sanlucar のクラスをコルドバの国際ギタリストフェスティバルで行いました。

  • Andrés Segovia Torres はハエンのリナレスに1893年2月21日に生まれ、1987年の7月3日にマドリードで心臓発作のため亡くなりました、94歳でした。

    アーティストは大工の息子で、父親はよりよい環境で息子を教育するために叔父の家に預けます。アーティストは化学の道を歩むはずでしたが、密かに音楽を勉強、ギターの独学をしました。

    当時、ギターは数ある楽器の中であまり"誇れる"楽器ではありませんでした。それはバーやタブラオの楽器、すなわち"ジプシーの楽器"、"教育の低い楽器"とみなされていたからです。
    彼の最初のマエストロはフラメンコギターに嗜みのある理髪師でした。アーティストは10代の間マラガにある音楽院で学習しました。
    16歳の1909年にはグラナダで最初のコンサートを持ちます。
    Andrés のデビューは20歳であった1913年のマドリードであるとおおかた考えられています。このコンサートのために質のよいギターをレンタルしなくてはなりませんでした。当時彼が所有していたギターはコンサートには不十分でした。

    1922年に "Cante Jondo" のコンクールがグラナダで行われました。アーティストは Manuel de Falla と Federico García Lorca とコラボレートしました。その時、優れた建築家である Don Francisco Prieto-Moreno Pardo と親友関係になり以後 Herradura en Almuñecar の地を愛するようになります。Andrés Segovia は数年後にこの地に農場を購入します。それゆえに La Herradura には今でも彼の名前に由来する海岸沿いの遊歩道があります。

    アーティストはまたバルセロナの Liceo シアターでも演奏するようになり、その後1924年にはパリやロンドンでも公演します。アメリカ公演を行った31歳の1928年にはもはや当時のフラメンコギター界において世界で最高峰のギタリストでした。

    彼の最初のレコードは1927年でした。実際フラメンコの歴史においてアーティストの業績は非常に大きく、Andres Segovia Torres によってアーティストとしてのギタリストの存在が広く適確に認知されるようになります。1937年に始まったスペイン内戦をきっかけに、1947年、彼はスペインを離れてウルグアイに移ります。そこでギター製造業者とコラボレートしてクラシックギターのデザインに携わるようになります。高品質のウッドに当時としてはまだ新しい技術であったナイロンのストリングを採り入れてギターを製作、ボディーのシェイプも現在のものにより近いものにしました。

    アーティストとしての彼の成功の鍵は自身のギターが奏でる"ソナリティ(響き)"の美しさであったといっても過言ではありません。

    Andrés Segovia は94歳で亡くなるまで3度の結婚をしました。最初の2回は妻に先立たれ、アーティストの3人目の妻となった Emilia del Corral は彼よりも45歳も年下で、彼の死まで一緒でした。1981年、スペイン国王は彼に Marqués de Salobreña の称号を贈りました。

    また彼の故郷であるリナレス市は "Maestro y la silueta de su guitarra" の名前の時計を設置しました。時計は今でも彼の作品 "Estudio sin luz" で時を告げます。

  • "Ángel de Alora" の名で知られたカンタオール Ángel de Luiggi Miranda は1917年11月18日にマラガで生まれ、1992年3月26日に75歳で故郷で亡くなりました。

    子供のときから様々な仕事をし,ライノタイプの業者でのメッセンジャーボーイ、カフェのベルボーイ、しかしその後すぐにフラメンコ・オペラといわれる時代にカンタオールとしての勉強を始めます。修行中には El Pena, Carbonerillo, Pepe Pinto, La Niña de los Peines など当時の名だたるアーティストらに随行してツアーに参加しました。
    18歳のときに Corruco de Algeciras と一緒にツアーから離れて、マドリードのタブラオ "La Zambra" にやってきて Rosa Durán, Pericón de Cádiz, Rafael Romero, Juan Varea や Pepe el Culata らと一緒に活動を始めます。Ángel de Alora はマラゲーニャスや Piyayo のタンゴなどのカンテで名を馳せました。

  • "Angelillo" の名で知られた Ángel San Pedro Montero はマドリードのバジェカ地区に1908年1月12日に生まれ、1973年11月25日にブエノス・アイレス市内のビセンテ・ロペス病院で消化器の大量出血が原因で入院先の手術室で亡くなりました。

    アーティストの両親はガリシアの出身で幼少時は闘牛士になるのが夢でした。しかし生活のために、煙突の掃除をしたり、宝石やで見習工として働きました。彼が最初の賞を獲得したのは16歳の時の Puente de Vallecas コンクールでした。実力派のカンタオールでそのボイスはほとばしるような力強さがあり、しかし何よりもファンダンギージョをパフォーマンスする際の長く耐久性のあるボイスが最大の魅力で当時"ゴールデン・ボイス"と呼ばれていました。Juan Simón の息子はこのアーティストを高評価、尊敬していました。

    1924年にコンクール Copa Pavón に参加しました。
    そのとき以来、彼女はマドリードで活動していくことになります。1926年には、Pepe Marchena と共に Barbieri シアター, Arguelles 劇場, Pavón シアター, Monumental 劇場 そして Bilbao 劇場で活動し、1927年には Novedades シアター, Monumental 劇場で、1928年には pavón シアターで Copla andaluza を、その後、3ヶ月間アメリカにツアーに旅立ちます。
    1934年には数々のレコーディングミュージックを引提げてスペイン内をツアーしました。彼の知名度は一気に上がりました。
    1936年にはワーランに亡命し、Sabicas と共にアルゼンチンを旅行その後1954年までその地にとどまります。

    彼のスペインを去るきっかけとなったのは当時激化し始めていた政治的混乱で、アーティスト自身フランコの体制に違和感と苦しみを感じ始めていました。Angelillo もその他大勢のアーティストらと同じように共和国派で映画制作会社 Filmófono との関係がありました。

    彼は20年間アルゼンチンに住み、アーティストとして活動する傍ら、バイク販売のビジネスマンとしても働きました。1954年には Juan Valderrama との友人関係のおかげで、スペインに戻ってくることが可能となりました。アーティストは1956年に映画 " Suspiros de Triana" を、また Marisol Reyes と一緒にスペクタクルショー "Romance de Juan Clavel" を発表しました。そして1957年にブエノス・アイレスに戻ります。

    しかし1959年には再びスペインに戻りスペクタクルショー "Cuando Vuelan Mis Canciones" を発表、Juanito Valderrama と共にスペイン中を周ります。1968年にアメリカに戻ります。彼の最後のパフォーマンスは Rafael Farina, Juan de la Vara, Los Gaditanos や Amina らアーティストとでした。1972年にはブエノス・アイレスに戻り、その後スペインにやってくることはありませんでした。翌年、患っていた胃潰瘍が原因で亡くなりました。

  • "Angelita Vargas" の名で知られたアーティスト Angelita Vargas Vega は1946年にセビリヤで生まれました。彼女は自身のアーティストキャリアを故郷であるセビリヤでおくりました。デビューは13歳のときに Murillo ホテルで "Los Gallos" でもスペクタクルショーを持ちました。
    アーティストはまたカンテも学びました。実際に彼女のキャリアの当初はいくつかのフェスティバルソングがレコーディング("Angelilla la Gitanilla") されています。Matilde Coral がそのタイトルを付けました。マドリードで彼女は "Las Brujas" で活動し、そこでスペクタクルショー "Flamenco Puro y Duro" をパフォーマンスしました。

    アーティストは日本, イギリスやアメリカ, オランダやドイツなどの国々で非常に多くのタブラオ、フェスティバルに参加しました。彼女は1980年にアワード "Pastora Imperio" や賞 "Premio Nacional al baile de la Cátedra de Flamencología de Jerez de la Frontera" を1986年に受賞し、また1982年に "I Giraldilla del Baile" に、また1984年に "Premio Matilde Coral" (Mairena de el Alcor)に参加しました。現在彼女は自身の経験を活かして教える立場にいます。私生活では "El Biencasao" と結婚し、その間に息子 José がいます。

  • "Antonio Carrión" もしくは "EL Niño Carrión" の名で知られたアーティストAntonio Carrión Jiménez はセビリヤの Mairena del Alcor で1964年に生まれました。

    アーティストの家族は伝統的なフラメンコ一家で、アーティスト自身カンタオール "Carrión de Mairena" の息子で、フラメンコの最初の手ほどきを自身の父より受けました。13歳のとき自身最初のレコーディングを行いました。アーティストはまたカンタオール "Cancuna" の孫息子で "Juan Talega" や "Antonio Mairena" の親友でもありました。

    彼の演奏は伝統的なフォームと革新的な流行とが見事にバランスをとったものでした。彼のアーティストとしてのルーツは "Melchor de Marchena" や "Niño Ricardo" などの偉大なアーティストらの教えにあります。
    アーティストはボルドーやモン・サン・ミッシェルなどのフランスの都市のフェスティバルで、さらには デュッセルドルフやムリュッセル, アムステルダム, アレクサンドリア, ブルージュ, ジュネーブやローマ, ベルリンなどでパフォーマンスしました。

  • "Antonio Chacon" のアーティスト名で活躍した Antonio Chacon はカディスのヘレス・デ・ラ・フロンテーラで1869年の5月16日に生まれました。

    1929年1月21日にマドリードで亡くなりました。San Miguel de Jerez 教区で洗礼を受けました。

    当時、他のどのアーティストも彼のレベルに達することはできませんでした。アーティストはマラゲーニョス・レバンティノス カンテの達人でした。同時に、ノン・ジプシーカンタオールとして、はじめてフラメンコカンテアカデミーを身近なものにしました。彼の実の両親は無名で、後に養子縁組によってアーティストの父となった Antonio Chacón Rodríguez は靴屋でした。彼は若いときから音楽技術を磨きながら父親を手伝ってきました。

    1886年7月26日、当時17歳のアーティストは Manuel hermosilla の闘牛ショーでのショップ "La Rondeña" で歌うことを思い切って引き受けます。そこには Enrique "El Mellizo" と Joaquín Serna がいました。そこにいた全ての人が Chacon を賞賛しました。そして "El Mellizo" はカディスの La Velada de los Ángeles でパフォーマンスするようアーティストに頼みました。
    そして同年には、Franconetti にセビリヤでパフォーマンスするように頼まれました。

    ところが20歳の時、兵役が終了、そしてほぼ同じ時期に師匠の Silverio が亡くなります。このときより4年間アーティストは不遇の時期を過ごします。

    1894年にアーティストは "Café del Burrero" にてカムバックを果たします。1912年にはマドリードに移り、"Gabrieles" と "Café de Fornos" でパフォーマンスしました。

    45歳のときに María Guerrero のグループとアメリカにわたり、ブエノスアイレスの San Martín 劇場でパフォーマンスしました。
    1925年には Alfonso XIII ホテルにフラメンコパティオをオープンさせ、またそれまでのようにパラシオ Dueña (オーナーはアルバ公爵)でもパフォーマンスしました。


    1929年1月21日に病気にかかりそのまま亡くなりました。 アーティストは Almudena 墓地に葬られました。

    アーティストの好んでいた詩は下記のものでした:

    En la tumba de mi madre
    a dar gritos me ponia
    y escuche un eco del viento
    - No la llames me decia,
    que no responden los muertos.

  • "Antonio El Arenero" の名で知られたアーティスト Antonio González Garzón はセビリヤのトゥリアナ地区のプラサ・デ・チャピナに1925年4月13日に生まれました。2004年の7月2日にセビリヤで亡くなりサン・フェルナンド墓地に眠りました。
    El Arenero はカンテ ソレアやシギリージャス、マルティネテスでその力を発揮しました。人々は el arenero の名前を与えたのは、当時彼がアーティストが従事していた、冬にグアダルキビール川から砂を運ぶ仕事をしていたためでした。そして夏には船上の大工として仕事をしました。アーティストの父親は Antonio González "El Rubio" でした。
    soleá de Triana の申し子として名を上げました。1976年トゥリアナでの "El Gordillo" でそのベールを脱ぎました。その後アーティストはいくつかのフェスティバルやカンテグループでパフォーマンスし "Al Teta" や Márquez "El Zapatero" らと活動し、Zurraque のカンテでレコーディングしました。

  • "Antonio Arenas" の名で知られた Antonio López Arena は1929年3月15日に Ceuat で生まれ、2008年の10月28日にマドリードで亡くなりました。, falleció en Madrid el 28 de octubre del 2008.
    アーティストの父は Francisco López Cacao "Carrión de Mairena" で 母は Adela Arenas Romero、またカンタオール "Cancuna" はアーティストからみて大叔父にあたりました。
    Antonio Arenas は実家で自然とフラメンコに親しみ、そして彼の父は彼がほとんどまだ小さい時からフラメンコを教えました。アーティストが13歳のときに、初めてのレコーディングを行いました。Conchita Piquer, Manolo Caracol, Manolo el Malagueño や Juan Valderrama らは彼に手ほどきをしたアーティストらです。
    彼のデビューはマドリードの "La Villa Rosa" でその後タブラオやフェスティバルなどに参加していくようになります。
    また彼はカマロン・デ・ラ・イスラのレコーディングにアカンパニーして参加した最初のアーティストでした。その後ベネズエラに渡り6ヶ月ほど滞在しました。その後マドリードに戻り "El Corral de la Moreria" に参加しそのまま5年間を過ごします。
    1960年代にやっかいな病気にかかり、そんな彼を励まし助けるためにアーティストらが集まり "El Circo Price" をパフォーマンスします。カンテやバイレ、演奏などの一流のアーティストが多く集まりました。
    彼は自身のキャリアにおいて実に多くのカンテアーティストらに参加しました: "El Almendro" "Elu de Jerez", "La Macanita", "Tina Pavón",  "Pansequito", "José Mercé", "José Menese", "Chano Lobato", "Chocolate", "Vicente Soto", "Rancapino", "Carmen Linares", "Camaron de la Isla" "Alejandro Sanz" や "El Lebrijano" など。彼はまたマドリードの多くのタブラオで長年にわたって活動しました。彼は自身の最期の日まで精力的にフラメンコのミーティングに参加し、また人材育成に尽力しました。

  • "Yeye de Cádiz" の名で知られたアーティスト Antonio López Olmo はカディス市の Santa Maria 地区に1948年に生まれました。"Yeye de Cadiz" というニックネームは彼がカーニバルグループ "Los Beatles de Cadiz" に所属していた時に付けられました。
    アーティストは Joaquín Cortés, María Rosa, Antonio や Manuela Vargas らと一緒に活動を行い様々な国々を周りました。実際に、自身のタブラオを所有する日本にはマドリードのタブラオ "Torres Bermejas" に戻り "Camarón de la Isla" や "El Güito", "Lebrijano" らと仕事するようになるまで長期にわたって滞在しました。
    彼が初めて参加し勝ったコンクールは2004年のコルドバのナショナル・フラメンコアート コンクールです。

  • "Antonio Mejias" の名で知られたアーティスト Antonio Mejias Portero はコルドバの Montilla に1979年4月17日に生まれました。家族は決して豊かではなくどちらかといえば質素な家系でした。学校に通っていたころからフラメンコ・ソロの才能を発揮し、徐々に自身の雰囲気の中に実力を発揮し始めました。アーティストはフラメンコの第一歩を San José の "Escuechuela" 地区で踏み出しました。2000年には、アーティストはコルドバのプリエゴに移り ONCE で働くようになります。彼には視覚的のハンディがあったのです。

    ところで、大事なこと。

    2006年にはファーストアルバム "Amores Ocultos" をレコーディングします。そして自身のキャリアで多くの偉大なアーティストたちとコラボレートしていくようになります: Fosforito, Chano Lobato, Chocolate, Luís de Córdoba, El Pele, El Cabrero, El Lebrijano, Mariana Cornejo, Calixto Sánchez, Aurora Vargas, Pansequito, Arcángel, Julián Estrada, Rancapinos, Tina Pavón, Carmen Linares, Carmen de la Jara, José Meneses, El Polaco, Diego Clavel などなど。

     



  • "Antonio Molina" の名で知られるアーティスト Antonio Molina de Hoces は1928年3月9日に Huelín 地区で生まれました。マラガでは "de las fatigas" として有名でした。1992年に肺の線維症を診断され、それが原因で3月18日にマドリードで亡くなりました。マドリードの Almuden 墓地に葬られました。

    1952年には Ángela Tejedor と結婚しました。Antonio Molina は代々続くアーティスト家系の家長でした。彼らの間には8人の子供がいました。その中で Ángela, Paula, Miguel と Mónica は音楽の道を歩みました。孫娘の Olivia Molina もまたアーティストです。Antonio Molina にとって Ángela Molina がステージでポピュラーなミュージカル映画 "Las cosas del querer" のコプラスのカンテをしているところを見に行くことは自身の人生の最高の喜びでした。

    アーティストの実家はとても貧しく、彼自身10歳の時にはすでに家計を助けるために働かなくてはなりませんでした。ついた仕事は家畜の世話係りからウェイター、牛乳の配達からソファやカーペットの取り付けなどの室内装飾業者など様々な仕事につきました。1942年14歳のとき夢を求めてマドリードにやってきます。

    1949年まで仕事に従事したり、コンクールに参加したりと代わる代わるの生活を送ります。その年に最初の賞で賞金150ペセタスとCDをのリリースの契約を獲得します。それによって "La Voz de su amo" を発表し、そこには4つの曲 "El agua del avellano" や "El macetero" が収録されていました。"Soy Minero", "Caballito Bandolero", "El Macetero", "La Estudiantina", "Adiós España" や "Yo quiero ser matador" は彼に大きな成功をもたらしました。

    1954年には自身のタイトルのスペクタクルショー "Hechizo" を行い Calderón 劇場デビューを果たし、1965年まで様々な映画に出演を果たします: "El pescador de coplas" en (1953), "Esa voz es una mina" en  (1955),  "Malagueña" en  (1955), "La hija de Juan Simón" en (1956), "Café de Chinitas" en (1957) y  "El Cristo de los Faroles" en  (1957), などなど。
    アーティストは長い間 Juanito Valderrama と組んでスペクタクルのショーのクリエーションに携わりました。Molina は力強く輝きのある声をしていました。数年間現役を離れた後、1986年に現役復帰を果たします。

    アーティストのスタイルはフラメンカソングとアンダルシアンソングのミックスでした。最初のパフォーマンスは闘牛場で行われ、1万人が集まりました。

    今でもマラガの闘牛場には Santiago de Santiago 作の Antonio Molina de Hoces の彫像が見られます。

     


    歌詞;
     
    A la nanita nana
    A la sombra de un bambú
    Adiós a España
    Adiós, lucerito mío
    Ángela del alma mía
    Ave de paso
    Ay Carmela
    Ay Málaga mía
    Barcelona
    Barquito de mi amor
    Buscando pelea
    Caballito Bandolero
    Caminito de mis penas
    Camino
    Camino verde
    Campanas de San Lorenzo
    Canela y clavo
    Cantar, cantar
    Cocinero, Cocinero
    Como en España ni hablar
    Con ese beso
    Copla y fortuna
    Coplas de la Mezquita
    Coplas de mi Andalucía
    Cuando siento una guitarra
    De contrabando
    Dos cruces
    El agua del Avellano
    El capitán
    El cristo de los Faroles
    El macetero
    En el fondo de la mina
    Estudiantina catalana
    Estudiantina de Madrid
    Gibraltar
    La bien pagá
    La Campanera
    La hija de Juan Simón
    La hija de Juan Simón
    La jaca más postinera
    La serranía
    La tortolica
    Las murallitas de Cádiz
    Malagueña
    Manuela la soleares
    Mar blanca
    Marbella, perla del mar
    Mari Rosa o Mar y rosas
    María de los Remedios
    Mi petenera
    Mujer extranjera
    Ni Alemania ni Francia
    Novia Malagueña
    Pena Blanca
    Plegaria
    Por oro que brilla y suena
    Portuguesiña
    Preso del desamparo
    Puente de plata
    Racimos a millares
    Rosa Malena
    Si a ti te llaman Consuelo
    Son tus dientes alhelíes
    Soy del norte
    Soy el cante
    Soy Minero
    Soy un pobre presidiario
    Te llamaban la Caoba
    Tientos del ay, ay
    Toros y coplas
    Tu fiesta campera
    Una mujer extranjera
    Una paloma blanca
    Veinticuatro cascabeles
    Yo quiero ser mataor

  • "Antonio Soto" の名で知られたアーティスト Antonio Soto Arjona は1966年12月2日にバルセロナで生まれました。マラガの歴史あるフラメンコのルーツを持った家系の出身で "La Pirula" と "La Cañeta" がよく引き合いに出されます。
    アーティストが14歳のときにツアーを開始し、アラブ首長国連邦やスーダンの首都ハルツームなどを Juana Ximenis や弟子の Carmen Amaya らと一緒に周りました。1982年にはマドリードのタブラオ "Los Tarantos" や "El Cordobés", "La Venta del Gato" で活動しました。1983年、Antonio Gades グループの Antonio Salas のアカンパニングギタリストとして活動しました。
    1985年以降はマラガの Alhaurín de la Torre のグループ "Torre del cante" のオフィシャルギタリストとして活動し、また "José Mercé", "Camarón de la Isla", "Aurora Vargas" など第一線の偉大なアーティストのギタリストとして活躍しました。
    現在はマエストロ  "Fosforito" こと Antonio Fernández Díaz のギタリストとして、またカンタオール Manuel de los santos "Agujetas" のギタリストとして活躍しています。アーティストの最新の CD は "Pa'er teto" です。


    受賞歴:

    1992: Premio Nacional de Guitarra en Alhaurín de la Torre.
    2001: Premio Nacional de Córdoba, acompañamiento "Juan Habichuela"
    2002: 1er. Premio Bordón Minero Festival Internacional del Cante de las Minas de La Unión Murcia.

  • "La Argentina" こと Argentina Maria López Tristancho は1984年6月14日にウエルバで生まれました。1998年、ウエルバでのファンダンゴスのコンクールで初めて優勝します。その時のアレンジはLa Orden フラメンコグループでした。14歳のときにウエルバの少年少女グループに入り、そこで2つのアルバム制作をしました。そのグループの中の4人が後に Cané を構成しそこでの3年間の活動中に2つのアルバムを制作しました。マエストロ "Paco Taranto" や "José de la Tomasa", "Esperanza Fernández" より手ほどきも受けました。
    12歳のときにバイレの教師は彼女にカンテのオーディションを受けることをすすめました。このことが彼女にとって大きな転機となりました。そこでファンダンゴスのカンテを9年間学びました。Argentina の名前はアーティストの父方の祖母がウエルバの地区 "El Carmen" でつけました。

  • Aurelio Sellés Nondedeu は1887年にカディスの Santa Maria 通りで生まれ、1974年9月19日にカディスで血管の疾患が原因で亡くなりました。
    アーティストは "Aurelio de Cadiz" という名で、または " El Tuerto Aurelio" の名前でもよく知られていました。幼少のころは闘牛士になるのが夢でした。そして当初 "El Gitano" という名前で闘牛士の活動をしていたこともありますが、成功は一切ありませんでした。

    その後様々な仕事を経験した後、彼の兄 "El Chele Fateta" がやっていたフラメンコカンテをはじめます。すでに25歳でフラメンコを始めた事になりますが、アーティストはスペインの外の貴族のちょっとしたパーティや会合でのみパフォーマンスをしていました。彼は一切のタブラオや劇場でのパフォーマンスを好みませんでした。
    彼がたった一度だけパフォーマンスをしたのは38歳のときに Pastora Imperio と一緒におこなった "Los Gabrieles" と "Villa Rosa" だけです。

    1965年、Cátedra de Flamencología y Estudios Folklóricos Andaluces はこのアーティストをカンテの賞に選出しました。Manolo Sanlucar はアーティストの完全なファンでした。

    彼の得意なカンテはマラゲーニャスでした。常に深みのある声で最高のパフォーマンスを演出していました。英国のエリザベスⅡ世の御前パフォーマンスは特に強調されるべきものです。

     

  • Aurora Vargas は1956年にセビリヤのマカレナ地区で生まれました。アーティストの名前は "Aurora Vargas" としてより有名です。自身のキャリアをタブラオで積んできました。彼女のデビューはマドリードのタブラオ Los Canasteros でタンゴスとブレリアをパフォーマンスしました。そしてセビリヤの "Los Gallos" でもよく活動をしました。彼女はカンタンテであると同時にバイラオーラでもありましたが、彼女のプロとしてのキャリアはカンタンテとしてのほうがより大きな魅力をはなっていたことは多くの人が言うところです。

    彼女は "Jarillo de Triana" と最初の結婚をしました。彼女はアーティストである夫のツアーに結婚後参加しました。

    スペクタクル "Yeye de Cadiz" では彼女はカンタンテとして前面で活躍しました。彼女はまた1986年のカルロス・サウラの "Flamenco" に出演を果たし、最優秀新人としてノミネートされました。
    彼女はまた映画 "Carmen" において Bernarda de Utrera や José Mercé などその他多くのアーティストともコラボレートしました。また Antonio Gades 作品でファースト・ダンサーとしてパリで公演を行いました。
    現在は、フィエスタのカンタンテの実力者 "Pansequito" と結婚しています。

    スペインや近隣諸国のみならず、英国やインド、アメリカ合衆国にもその活動範囲は及んでいます。
    1997年には初のCDを発表しました。

  • Daniel Borja Casares マラガのエステポナに1980年に生まれました。8歳の時には "A la Guitarra Estepona" と呼ばれるコレクションCDですでにプロとしてのキャリアを歩み始めます。

    彼のアートスタイルはラテンジャズに由来する陽気で楽しい雰囲気のサウンドをフラメンコにミックスするものでした。そのため創作される彼の作品も楽しい仕上がりとなり観客層はバラエティに富み。みなその得のある即興、快楽的な技術にほれ込みました。


    ディスコグラフィ: 


    Duende Flamenco 1999.
    La Madrugá 2001.
    Corazón de Tu Alma 2004.
    Caballero 2007. 

  • "Diego el Gastor" の名で知られるアーティスト Diego Flores Amaya Arríate は1908年にマラガに生まれ1973年にセビリヤの Moron de la Frontera で亡くなりました。
    幼少期をカディスの El Gastor で過ごし、その後  Moron de la Frontera に移ります。そこでの彼の教師は Pepe と José Naranjo Solis でした。彼のアーティストキャリアは主にフィエスタなどで養われ、公の場でのパフォーマンスはごくわずかでした。
    しかし最も重要なことは彼のプレーイングよりも、それが実際にどのようにパフォーマンスされるかであり、Diego はアーティスティックな表現のピュアなエッセンスを手にするのに、とても退屈なファルセタをも"真のネットワーク"へと変換する才能を持っていました。それは単に音符が羅列されているだけの無機質な音楽ではなく、まさしく表現に富む音楽と魂のコンビネーションです。
    アーティストが亡くなった1973年に "Cátedra de Flamencología y Estudios Folklóricos Andaluces de Jerez de la Frontera" フラメンコ国立アワードを与えました。
    Moron de la Frontera 市内には彼の名前を冠した通りがあります。7月13日、Jardines de la Alameda に記念館を建ててアーティストを称えています。

  • "El Güito" の名で知られる Eduardo Serrano Iglesias はマドリードに1942年に生まれました。14歳のときにプロとして Pilar López (hermana de la Argentinita) のバレエ団でデビューしました。その公開は "Theater Palace de Londres" でした。その当時のコラボレーターは Antonio Gades, Mario Maya, Curro Vélez や Alberto Portillo などでした。当初彼のバイレはいたってオーソドックスでした。しかし70年代に入り、クラシックスタイルから徐々に抜け出るようになります。

    同時期に "Trío Madrid" を Mario Maya, Carmen Mora らと結成し大きな成功を収めました。このグループは1975年まで続きます。その後スペインのナショナルバレエ団で活動するようになります。
    彼の作品の数は非常に多いためその全てをリストアップすることはできませんが、しかし、少なくともはっきり言える事は、アーティストはキャリアの中で世界中の多くのアーティストとコラボレートしそのステージはどれも全てわたしたちの記憶にいつまでも残るものです。

  • "Francisco Tarregas" の名で知られた Francisco de Asís Tárrega y Eixea は1852年の11月21日に Villareal Castellón で生まれました。そして1909年の12月15日に亡くなりました。アーティストの父は Francisco Tárrega Tirado で母は Antonia Eixea Broch でした。

    小さいときから Francisco はよくベビーシッターから逃げては灌漑水路に落ちました。そのことはアーティストに大きなショックを与え、精神的な苦痛が彼の視力を奪いそれは生涯続きました。

    アーティストの父は息子の将来を憂え、もし失明した場合にそれで暮らしていけるよう、音楽を学ばせるため Castellón に引っ越しました。
    最初の音楽クラスを担当したのは Eugenio Ruiz と "El ciego Marina" の名で知られた Manuel González でした。彼らもまた盲目のアーティストでした。
    1862年ソリスト Julián Arcas は Francisco が演奏しているのを聴き、彼がより高いレベルの音楽クラスを持つようバルセロナに来るように家族を説得しました。
    しかし当時の家族の家系はとても余裕の持てるものではなく、Francisco は家族を助けるため近隣の町などでコンサートを持つようになりピアニストの仕事を "Casino de Burriana" で手に入れます。その頃、富豪であった Antonio Canesa はアーティストが名門音楽院 "Conservatorio Nacional de Música" で音楽の修練ができるよう彼にマドリード行きの旅を出資します。
    その当時のアーティストの教師 Arrieta は彼にピアノをやめギターに専心することを助言します。1880年の冬の間、アーティストは代役でありカンテのコンサート Novelda に出演し、そこで将来妻になる Maria Rizo と知り合います。

    1881年には Lyon でコンサートをし、その後パリへ向かい複数の劇場でパフォーマンスし、その後もロンドンなど旅を続け、Novelda に戻り Maria Rizo と婚約します。
    その後夫婦はマドリードに身を落ち着け、そこで第1子となる Maria Josefa が生まれます、しかし不幸にも生後すぐになくなってしまいます。夫婦はバルセロナへと拠点を移します。

    バレンシアでアーティストは自身の音楽家としてのキャリアに影響を与えることになる女性と知り合います: Concha Martínez は未亡人の富豪でアーティスト夫妻にバルセロナの Sant Gervasi にある家を貸し出します。後に名作として世に残る彼の作品の大半はこの家から生まれることになるのです。

    Tarregas は感受性ゆたかで、内気ながら温かい心を持った人間でした。そのためアーティストのコンサートはいつも規模が小さく、それが彼自身をいつまでたっても経済的に楽にしてくれないという問題でした。
    1906年アーティストは左半身麻痺に苦しみます。この長期にわたる病気も彼の家族を経済的に苦しい状態に追い込みます。彼の近い友人たちはアーティストがそんな状態から立ち直れるように、コンサートなどで何とかできるようサポートしていきます。

    彼は自身の持病をどうにか克服していき、新たにツアーを1908年の10月に計画実行していきます。彼は12月3日に Castellón に戻ります。しかし底での生活は期待していたものとは異なり、結局バルセロナに戻ってくることになります。1909年12月15日、バレンシア通りの自宅で彼は亡くなりました。

  • "Paco de Lucia" の名で言わずと知れたフラメンコ界の巨人 Francisco Sánchez Gómez は カディスのアルヘシラスに1947年の12月21日に生まれました。
    アーティストの父は Antonio Sánchez Pecino で母はポルトガル系の Lucia Gómez でした。彼のアーティストネームは彼の母に由来します。彼が生まれ育った地区では幼少のころより "Paco el de Lucia" と呼ばれるようになります。父、そして兄である Ramón recibió よりギターの手ほどきを受けるようになります。ア=ティストの父はかつて Melchor de Marchena の従兄弟である Manuel Fernández "Titi Marchena" よりギターのトレーニングを受けていました。
    兄の "Ramón de Algeciras" とともにプロのギタリストになり、数年間ギタリストグループを結成し活動します。
    1960年代の中旬、カンテの巨人 である "Camarón de la Isla" と知り合います。このアーティストコンビは言わずもがな"稀代のケミストリー"を生み出し、いまだにフラメンコ史に燦然と輝く伝説です。彼らは1968年から1978年の間に10のアルバム作品を世に出しました。
    "Paco de Lucia" 2つのアカデミーより影響を受けました: "Niño Ricardo" のアカデミーと "Sabicas" のアカデミー。
    "Niño Ricardo" はフラメンコギターの集中統合型かつモダン型でした。"Sabicas" のアカデミーはフラメンコギターの技術を大きく拡張した:ラスゲオやスリーフィンガー、一本弦のアルサプアなど、Sabicas は本当に自身の持つ技術が深く豊富で、時にそのビートの強さやコンポジションのクウォリティの高さからマイクを使用せずにパフォーマンスをしたこともありました。
    "Paco de Lucia" のフラメンコ界における最高の貢献はフラメンコを国際的なものとし、ポピュラーな地位にのし上げたことです。今でもこのアーティストはそのパーソナリティから、またそのリズム感、奏でる音の力強さから最高のギタリストの一人として考えられています。

    アーティストはキャリアを通じて列挙できないほど数多くの賞を受賞しました。下記はその一部です:
    "premio nacional de Guitarra de Arte Flamenco"
    "medalla de Oro al Mérito de las Bellas Artes" (1992)
    "Distinción Honorífica de los Premios de la Música" (2002)
    "premio Príncipe de Asturias de las Artes" (2004).
    彼はプライベートでサッカーとダイビングをするのが好きでした。



    ディスコグラフィ(一部):
    Los Chiquitos de Algeciras en 1961, con Pepe de Lucía.
    Dos Guitarras Flamencas en 1965, con Ricardo Modrego.
    Doce Canciones de García Lorca para Guitarra en 1965, con Ricardo Modrego.
    Dos Guitarras flamencas en América Latina en 1967, con Ramón de Algeciras.
    Canciones Andaluzas para dos guitarras en 1967, con Ramón de Algeciras.
    La fabulosa Guitarra de Paco de Lucía en 1967.
    Doce Hits Para 2 Guitarras Flamencas en 1969.
    Hispanoamérica en 1969.
    Fantasía Flamenca en 1969.
    Recital de Guitarra en 1971.
    Con Los 7 de Andalucía en 1971.
    El Mundo del Flamenco en 1971.
    El Duende Flamenco en 1972.
    Fuente y Caudal en 1973.
    En vivo desde el teatro real en 1975.
    Almoraima en 1976.
    Interpreta a Manuel de Falla en 1978.
    Castro Marín en 1981.
    Friday Night in San Francisco en 1981, con Al Di Meola y John McLaughlin.
    Sólo quiero caminar en 1981, The Paco de Lucia Sextet.
    Passion, grace and fire en 1983, con Al Di Meola y John McLaughlin.
    Live... one summer night en 1984, Paco de Lucia Sextet.
    Siroco en 1987.
    Zyryab en 1990.
    Concierto de Aranjuez de Joaquín Rodrigo en 1991.
    Live in América en 1993, Paco de Lucia Sextet.
    The guitar trío en 1996, con Al Di Meola y John McLaughlin.
    Luzia en 1998.
    Esta Es Mi Historia en 2002.
    Nueva Antología Edición conmemorativa del Premio príncipe de Asturias en 2004.
    Cositas Buenas en 2004.

  • Juan Ignacio Gómez Gorjón は1968年にバルセロナで生まれました。アーティスト名である "Juan Gómez Chicuelo" としてのほうがよりその存在が知られています。バルセロナのタブラオ "Tablao de Carmen" で "Mario Escudero", "Angelita Vargas", "La Tolea", "Eva Yerbabuena", "Sara Baras", "Adrián Galia", "Belén Maya", Antonio "El Pipa" や "Joaquín Grilo" らと共に活動しました。

    アーティストはまたカンタオーレス "Enrique Morente", "Rancapino", "Chano Lobato", "José Mercé", "Duquende", "Mayte Martín", Diego "El Cigala", "Carmen Linares", "Potito" らともコラボレートしました。
    さらに、アーティストは有名なバイレグループともコラボレート活動しました: Antonio Canales, Joaquín Cortés, Israel Galván, そして彼はその技術とパーソナリティを買われて La Bienal Flamenco de Sevilla 2000 のスペクタクルの座長を任されます。
    10年以上にわたって Shoji Kojima バイレ団のディレクターを務め、2003年からは Somorrostro Danza Flamenca のディレクター、2000年にはソリストとして自身最初CDを発表します: "Cómplices" (Harmonia Mundi).
    2007年の11月には自身の2枚目のCDあお発表します: "Diapasión" フラメンコの異なるパロスが複数登場します。

  • "Marote" の名で知られた Juan Santiago Maya はグラナダの地区 Sacromonte で 1936年に生まれ、2002年の9月にグラナダで亡くなりました。アーティストには3人兄弟でした。"Manolete" はバイレのプロで Pepe Maya は "Marotillo" として有名でした。
    自身の実の祖父 Juan Fajardo はグラナダでプロのギタリストでアーティストは祖父よりギターの指導を受け、Sacromonte 地区のケーブで始め、引き続きギターの道を歩み続けることにします。
    18歳の時にマドリードでプロとしてデビューします。立場は Rafael Farina のグループの一員としてでした、1960年にはマドリードのタブラオ "Torres Bermejas" で活動、1965年までそのステージで多くの有名アーティストとコラボレートしてきました。アーティストはさらに Carmen Amaya のグループでも活動しニューヨークなどアメリカ合衆国の各主要都市、また南アメリカ各国の首都で大きな成功を収めました。
    1964年 Feria Mundial のニューヨークでのスペクタクルに Antonio Gades と共に参加し数年間にわたって活動します。1976年から1980年には Manolo Vargas や María Rosa のグループで活動し、数年間にわたるツアーを実現します。アーティストはスペインの国立バレエ団とコラボレートします。彼はアンダルシアフェスティバルにおいて重要なアーティストで、1986年と1987年にはスペクタクルショー El Sur と La Petenera にManuela Vargas と共に参加しました。
    アーティストは日本中を巡り、彼の作品レコードは広範囲にわたりました。カンタンテ La Paquera, Fosoforito, Bambino, Fernanda や Bernarda de Utrera らとコラボレートしました。
    Marote "ragueo(ラスゲオ)" を多用したアーティストで、グラナダ発のオリジナルでアウトスタンディングなギタリストとしてその名を残しました。

  • "La Argentinita" の名で知られたアーティスト Encarnación López Júlvez はアルゼンチンのブエノスアイレスに1898年に生まれ1945年9月24日にニューヨークでの外科手術中に亡くなりました。彼女の実家はアーティスト一家で父はギタリストアラゴン出身の母はバイラオラでカンタンテでした。
    彼女が世に残したレコード作品は正確にはホンドではありませんがそのテーマはポピュラーでフラメンコがコンスタントに回帰し、一致する余地のあるタイプのものでした。 
    彼女の最初の大きな恋愛は闘牛士 "Joselito" こと José Gómez Ortega (1895年5月8日 Gelves にて,1920年5月16日 la plaza de toros de Talavera de la Reina" にて)とのものでした。2度目の大きな恋愛は闘牛士 Ignacio Sánchez Mejías (1891年6月6日セビリヤ - 1934年8月13日マドリード) とで闘牛士は知的で"La generación del 27"のライターらの関係者でした。
    彼女はまた同時代の最高峰の詩人たちと交友関係にありました: Federico García Lorca ((フエンテ・バケロス, グラナダ, 1898年6月5日  -  Víznar ~ Alfacar,1936年8月18日) やRafael Alberti (エル・プエルト・デ・サンタ マリア, カディス, 1902年12月16日 - 同地, 1999年10月28日) など。
    彼女の最後のダンスは Indalecio Prieto Oviedo (1883年4月30日 - メキシコシティ, 1962年2月11日) のために踊られました。
    彼女はスペイン人の家庭に生まれ、Pilar López の妹でした。彼女が6歳のときに家族はスペインに戻りマドリードの地に身を落ち着けます。そこで Manuel Fontesilla のダンスアカデミーで練習を積み、その後 Julia Castelao のアカデミーに移ります。8歳の時、経営者である Pardiñas が彼女に "La Argentinita" というアーティスト名をつけました。
    12歳の時にはアトーチャのサロンでバイレを始め、Romea のサロンで数年活動した後、La Latina の Príncipe Alfonso 劇場や La Comedia 劇場、La Princesa 劇場, El Apolo 劇場 などでパフォーマンスしました。
    1920年にはブエノス・アイレスでパフォーマンスを、1922年にはマドリードに戻り様々なサロンでステージを持ち、1929年に引退しものの、その後パリの Alhambra 劇場 やベルリンの Scala 座で復帰します。
    彼女はアーティスト&ライターの団体 La generación del 27 に参加しました。メンバーである詩人やアーティストはトピックに関して彼女にアドバイスしたりアイディアを提供したりしました。彼女は自身のバレエ "Las Calles de Cadiz" を指揮しました。それは19世紀のセビジャーナスでした。
    また彼女は自身のオリジナルバージョンで "El Amor Brujo" を創りあげ、作品には "La Macarrona", "La Malena", Fernanda Antuñez, Rafael Ortega や Antonio de Triana らが参加しました。
    1933年には新しいスペクタクルショーを劇場 Fallade de Cádiz で発表し、引き続きマドリードで公演。1934年には初めてパリの劇場 los Campos Eliseo で初公開しました。そこではたいへんな成功を収め、批評家たちに国際バイレの最高峰アーティストの一人として認められました。
    1934年はバルセロナの Poliorama 劇場でわずかに2つのパフォーマンスをしただけでした。その後、1935年マドリードに戻った後アメリカに渡ります。
    1941年から1942年、アーティストはパートナーを2度変更します。最初は Federico Rey から Antonio de Triana に変更し、その翌年には Italo Americano José Greco へと変更します。また同時にメキシコ人 Manolo Vargas とも契約します。
    1943年はアーティストにとってキーワードとなる年でした。トップクラスの実業家であったウクライナ系アメリカ人 Sol Hurok がニューヨークのメトロポリタン・ハウスでの彼女による公演を後押しサポートします。当時、この実業家は他にも Vladimir Ashkenazy, Isadora Duncan, Anna Pavlova, Mstislav Rostropovich, Arthur Rubinstein などなど多くの著名あーティストのエージェントをやっていました そしてついに "La Argentinita" の才能に目をつけその実力を高く評価したのでした。
    Manuel Machado は自身の独特の言葉でアーティストを評価しています。"彼女はまるで空気中に泳ぐ ‘羽’ のようでした。...彼女の人生はその愛の重さに耐え切れないないかのような、それくらいに大きすぎる愛の人生でした。
    遺体はマドリードに埋葬されました。

  • アーティストコンビ Lole & Manuel は本名 Manuel Molina Jiménez (1948年セウタ生まれで "Encajero" の息子) と Dolores Montoya Rodríguez (1954年セビリヤのトゥリアネラ生まれで "La Negra" と Juan Montoya の娘)によるコンビでした。
    1975年 Manuel & Lole はレコードレーベル "Movieplay" から自身らの最初のフラメンコスタイルのアルバム "Nuevo Dia" をリリースします。彼らのフラメンコはいわゆる伝統的なものとは異なりました。異種のリズム、そしてアバンギャルドといえる一方で田園調の歌詞を持っていました。
    ステージでは振るえ揺れ動く Lole の声、Manuel のギターを聴くことができました。まだ十代であった Lole は Camarón de la Isla とステージでコラボレートし、セビリヤの "Los Grayos" とマドリードの "Las Brujas" でパフォーマンスしました。
    1993年、夫婦は別れます。夫婦には Alba という娘がいました。現在 Lole と Manuel レコードレーベル "Virgin" で活動しています。


    ディスコグラフィ: 

    Nuevo dia en 1975.
    Pasaje del agua en 1976.
    Lole y Manuel en 1977.

  • "Talegón de Córdoba" の名で知られたアーティスト Manuel Aranda Zamorano は1944年コルドバのサンタ・マリア地区で生まれました。
    かなり若いときから家族で一人身となりマドリードに移ります。タブラオの複数ある地区で仕事をします。そこでチャンスを待ちながら、当時のビッグアーティストのステージを見ながら学んでいきます。
    アーティストはカンテの手ほどきを実の叔母である "La Talegota" から受けました。Duques de Rivas シアターやコルドバの Gran Teatro などでパフォーマンスを積み重ねていきます。
    現在マドリードのバイレグループ Blanca del Rey で カンテの指導をしています。

  • "Agujeta el Viejo" の名で知られるアーティスト Manuel de los Santos Gallardo は1908年ヘレス・デ・ラ・フロンテラ(カディス)に生まれ1976年ロタ (カディス)で亡くなりました。稼業は鍛冶屋でした。アーティスト名である Agujeta(筋肉痛) は鉄道のポイントをかえているときに付けられました。

    アーティストは ロタの町でジプシー家族出身の Ana Pastor Monje と結婚します。子供は実に4人の娘と5人の息子という大家族でした。姉妹は一番上から Tomasa, Juana, Angélica, Mariaで兄弟は Manuel Agujetas, Luís Agujetas, Juan el Gordo, Paco, Diego でした。
    またアーティストの兄弟姉妹には Carmen de lso Santos Gallardos ( Miguel Pastor de los Santos の母), Diego "Rubichi", Domingo, "El Chalao" がいましたが彼は結局にプロとして活動することはありませんでした。しかし自身の子供や、孫、甥などにはインスピレーションを与えるなど大きな影響を与えました。
    残念ながらわたしたちが現在聴くことができる彼のレコードは非常にわずかです。

  • "Agujeta de Jerez" の名で知られたアーティスト Manuel de los Santos Pastor は1946年にヘレスの Acebuche通り で生まれました。アーティストが1歳のとき家族はロタの町に引っ越します。15歳のときにヘレスに戻り、17歳のときに徴兵で空軍に入隊します。
    アーティストは先ず父のパフォーマンスを聴くことでフラメンコに入りこんでいきました。彼の父は "Agujeta el Viejo" で 、父と共に鍛冶屋で仕事をしていました。
    8歳の時にバーで歌い始め、お金を稼ぐようになります。しかし生活のために手堅くお金を稼いでいく必要があり、鍛冶屋の仕事は引き続き父と共にしていく必要がありました。ある日 "Parrilla el Viejo" が彼にカンテをするよう招待します。"Agujeta de Jerez" の返事は以下のものでした: << オレは自分の生活をとにかく変えるんだ。だから歌いに行く!>>。
    彼はまた溶接工や羊毛の刈り込み職人としても仕事をし、それらはプエルト・デ・サンタ・マリアの時代からセビリヤの郊外に移るまで続きました。
    Agujeta de Jerez はとりわけ"カンテ・ホンド"や"セギリージャス"、"ソレアレス"のアーティストでした。彼のキャリアの作品は19作品になります。
    アーティストの父は Manuel Torre のアカデミーで音楽の勉強を積みました。彼のスタイルは保守的で古典的なフラメンコでした。1970年、マドリードで最初の作品をレコーディングします。作作品では Manolo Sanlucar のギターにアカンパニーしました。1977年には Premio Nacional de Cante de la Cátedra de Flamencología de Jerez の大きなタイトルを受賞しました。また Carlos Saura のフラメンコ映画作品 "Flamenco" (1994) に出演します。他にも Agujetas en París' (Harmonia Mundi, 1996), 'Agujeta en la soleá (Alía, 19989. レーベル Palo Nuevo) registra "24 kilates" ではセギリージャス、ソレアーレス、ファンダンゴスを歌いました。
    フランス人の Dominique Abel はドキュメンタリー 'Agujetas cantaor' を2000年に制作しました。
    またアメリカ合衆国やメキシコなどにもアーティスト活動をしながら数年間にわたって居住しました。
    スペインでの活動に加え、Manuel はパリやロンドン、ニューヨークで活動し、1977年に Premio Nacional de la Cátedra de Flamencología de Jerez を受賞します。
    Agujetas は度々建て直しをした家に住んでいました。アーティストはぶどう園をつくったり東京からお茶の木を取り寄せて育てたりしました。彼は東京出身の女性と結婚しました。彼女はダンサーでした。そのスタイルは"特別で普通とはことなり、彼女のように踊るジプシーやガチはいない" ほどでした。

  • "Melchor de Mairena" の名で知られたアーティスト Melchor Jiménez Torres は1907年セビリヤのマルチェナで生まれ1980年にマドリードで亡くなりました。
    アーティストの父は偉大なギター奏者 "El Lico" でした。母 Josefina はかつて有名なカンタオーラで兄弟はギタリスト "El Bizco" guitarrista と カンタオール "Chico Melchor"、アーティストの叔母は "La Gilita de Marchena" でした。

    彼のデビューはセビリヤでのプライベートパーティ内で、その時に出席していた約30人ほどのアーティストにアカンパニーしたものでした。その中には30年代を代表するアーティストが多数いました:"La Niña de los Peines" やその兄弟 "Tomás Pavón" などなど。

    1940年代、スペイン内戦終了後、彼は Doña Concha Piquer のグループに参加しその後、"Manolo Caracol" とコラボレートし、スペインやアメリカを周りました。タブラオ "Los Canasteros" では70年代まで第1ギタリストでした。かつては "Manolo Caracol" と "Antonio Mairena" のアカンパニングギタリストでした。この2人のアーティストは Melchor を深みのある演奏を持った、バンドメイトとしてパーフェクトと評価していました。Melchor はまた José Menese ともコラボレートしました。アーティストはセギリージャス、ブレリアス、タラントスとソレアレスが得意でした。
    La Cátedra de Flamencología de Jerez はアーティストに Premio Nacional de Guitarra Flamenca を1966年に授与しました。
    アーティストは非常に賢明で人望があり、多くのカンテアーティストにコラボレーションの依頼を受けました。おそらく全時代でも最高の演奏者であったと言うことができます。アーティストはサブライムのスタイルを発展確立させました。彼がレコーディングでコラボレートした有名なアーティストは: Tomás Pavón, Niña de los Peines, Juan Talega, Antonio Mairena, Manolo Caracol, José Menese, Fernanda y Bernarda de Utrera, Pepe el Culata や Pericón de Cádiz などです。アーティストが亡くなったのはマドリードでしたがその遺体は故郷である Marchena に埋葬されました。

  • "Bambino" のアーティスト名で知られた Miguel Vargas Jiménez は1940年2月12日にセビリヤのウトゥレラ県のヌエバ通りに生まれ、1999年5月5日に生まれ故郷で亡くなりました。
    アーティストの父は "Chamona" の名を持った Manuel Vargas Torres で本業は理髪師のアーティストでした。母は "Frasquita" こと Francisca Jiménez Ramírez, カンタオーラ兼バイラオーラでしたがそのパフォーマンスは家族内だけでした。彼女はまた Manuel "De Angustias" と兄弟姉妹の関係にありました。
    Miguel の父は自分の息子にも理髪師になってほしいと考えていました。それは生計を立てていくのに、何か特別なことをするよりもよっぽど確実であるという当然の理由からでした。アーティストの当初の夢はサッカー選手になることでした。チームではセンターバックのポジションにいました。そしてこの夢は生涯最後まで持ち続けていました。そしてもう一つの夢はプロのカンタオールになることでした。そして(母や兄 Diego "Chamona" がカンタオーラであるという)家庭環境からその夢はアーティストにとってとても自然なことでした。

    1957年5月15日、自身が生まれたウトゥレラ県のジプシーはたちは一年に一度集会 "El Potaje Gitano de Utrera" を開催していくことを決めました。各家族が何か飲み物、食べ物を持ってきて一年に一度のその特別な日をお祝いすることにしたのです。開会の日には何人かのアーティストも出席してお祝いしました: "Diego el de la Gloria", "Bernarda", "Pepa", "Perrate", "Manuel", "Gaspar de Utrera", や "Fernanda" などなど。 "Diego el de Gloria" はその夜には Renato Carasone の "Bambino Piccolino" を歌いました。この日以来 Miguel Vargas Jimenez のアーティスト名は "El Bambino" となりました。
    アーティストの従兄弟 Juan el Lebrijano は彼をタブラオ "La Venta de Antequera" に連れていきました。そのタブラオで "Gitanillo de Triana" は Miguel の才能を見出すことになります。"Gitanillo de Triana" はすぐさまアーティストと契約しマドリードのタブラオ "El Duende" に呼びます。
    1963年、闘牛士 "Gitanillo de Triana" もまたアーティストをマドリードのタブラオ "El Duende" に連れて行きます。その後、Las Cuevas の Pasapoga でアーティストは歌い、また Caracol と共に Los Canasteros で歌い、Torres Bermejas では La Paquera と Faíco らと共に歌いました。60年代と70年代には Bambino は多くのファンを世界各地に持ちました:南アフリカ、モロッコ、フロリダパークやマドリードの Mayte Commodore; ラス・ベガス もしくはバルセロナの El Bombín などなど...これらの地域では文字通りアーティストのキャリアの最高を堪能することができたのです。
    "Gitanillo de Triana" との交友関係からアーティストはセビリヤのタブラオ Real Venta de Antequera やマドリードの El Duende などでのステージを果たします。アーティストはルンバのキングでした。彼のレパートリーにはコプラやボレロス, ランチェロスのフラメンコがありました。
    1961年にはアーティストはすでにセビリヤの Venta Real de Antequera で歌い Bambino は500以上のレコーディングをしました。
    最初のレコーディング作品は24歳の時にレーベル Phillips から発表され有名作品 "El poeta lloró" が収録されました。アーティストはまたタブラオ "Torres Bermejas" で "La Paquera de Jerez" やバイラオール "Faico" らとコラボレートしました。
    1999年5月5日、アーティストは同じくアーティストである妹の polígono del Tinte の家(ウトゥレラ地区)で亡くなりました。死因は以前より患っていた咽頭癌でした。

  • Sonia Miranda García はセビリヤのイスラ・マヨールに1974年3月17日に生まれました。
    アーティストは2001年と2004年のNacional de Córdoba コンクールの "Camarón de la Isla" と "Niña de los Peines" カテゴリーのファイナリストでした。
    2001年、Nacional de Cante de Lo Ferro コンクールの Melón de Plata (銀賞)、カラスパラでのナショナル・コンクールでは最優秀新人賞に輝きました。
    www.soniamiranda.com
  • “La Macanita” の名で知られた Tomasa Guerrero Carrasco は1968年にカディスのヘレス・デ・ラ・フロンテーラに生まれました。アーティストの父は “EL Macano" 名で知られれそれゆえ彼女は “La Macanita” と呼ばれるようになります。
    彼女は幼少の時にはすでに “Manuel Morao” のスペクタクルショーに参加しパフォーマンスをしていました。その悲痛な声、長いアーティストキャリアはもはやカンテの大スターとして誰もが認識しているところです。彼女は “La Paquera” から受け継がれたアーティストでソレアやブレリアス・デ・ヘレスやデ・カディスは彼女の得意なパートでした。アーティストの最後のアルバムは "Con el alma" で Moraito Chico と Parrilla de Jerez が参加しました。
    ディスコグラフィー:
    Con el Alma
     
弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。