lupa

著名フラメンコアーティスト Flamenco

  • "La Argentinita" の名で知られたアーティスト Encarnación López Júlvez はアルゼンチンのブエノスアイレスに1898年に生まれ1945年9月24日にニューヨークでの外科手術中に亡くなりました。彼女の実家はアーティスト一家で父はギタリストアラゴン出身の母はバイラオラでカンタンテでした。
    彼女が世に残したレコード作品は正確にはホンドではありませんがそのテーマはポピュラーでフラメンコがコンスタントに回帰し、一致する余地のあるタイプのものでした。 
    彼女の最初の大きな恋愛は闘牛士 "Joselito" こと José Gómez Ortega (1895年5月8日 Gelves にて,1920年5月16日 la plaza de toros de Talavera de la Reina" にて)とのものでした。2度目の大きな恋愛は闘牛士 Ignacio Sánchez Mejías (1891年6月6日セビリヤ - 1934年8月13日マドリード) とで闘牛士は知的で"La generación del 27"のライターらの関係者でした。
    彼女はまた同時代の最高峰の詩人たちと交友関係にありました: Federico García Lorca ((フエンテ・バケロス, グラナダ, 1898年6月5日  -  Víznar ~ Alfacar,1936年8月18日) やRafael Alberti (エル・プエルト・デ・サンタ マリア, カディス, 1902年12月16日 - 同地, 1999年10月28日) など。
    彼女の最後のダンスは Indalecio Prieto Oviedo (1883年4月30日 - メキシコシティ, 1962年2月11日) のために踊られました。
    彼女はスペイン人の家庭に生まれ、Pilar López の妹でした。彼女が6歳のときに家族はスペインに戻りマドリードの地に身を落ち着けます。そこで Manuel Fontesilla のダンスアカデミーで練習を積み、その後 Julia Castelao のアカデミーに移ります。8歳の時、経営者である Pardiñas が彼女に "La Argentinita" というアーティスト名をつけました。
    12歳の時にはアトーチャのサロンでバイレを始め、Romea のサロンで数年活動した後、La Latina の Príncipe Alfonso 劇場や La Comedia 劇場、La Princesa 劇場, El Apolo 劇場 などでパフォーマンスしました。
    1920年にはブエノス・アイレスでパフォーマンスを、1922年にはマドリードに戻り様々なサロンでステージを持ち、1929年に引退しものの、その後パリの Alhambra 劇場 やベルリンの Scala 座で復帰します。
    彼女はアーティスト&ライターの団体 La generación del 27 に参加しました。メンバーである詩人やアーティストはトピックに関して彼女にアドバイスしたりアイディアを提供したりしました。彼女は自身のバレエ "Las Calles de Cadiz" を指揮しました。それは19世紀のセビジャーナスでした。
    また彼女は自身のオリジナルバージョンで "El Amor Brujo" を創りあげ、作品には "La Macarrona", "La Malena", Fernanda Antuñez, Rafael Ortega や Antonio de Triana らが参加しました。
    1933年には新しいスペクタクルショーを劇場 Fallade de Cádiz で発表し、引き続きマドリードで公演。1934年には初めてパリの劇場 los Campos Eliseo で初公開しました。そこではたいへんな成功を収め、批評家たちに国際バイレの最高峰アーティストの一人として認められました。
    1934年はバルセロナの Poliorama 劇場でわずかに2つのパフォーマンスをしただけでした。その後、1935年マドリードに戻った後アメリカに渡ります。
    1941年から1942年、アーティストはパートナーを2度変更します。最初は Federico Rey から Antonio de Triana に変更し、その翌年には Italo Americano José Greco へと変更します。また同時にメキシコ人 Manolo Vargas とも契約します。
    1943年はアーティストにとってキーワードとなる年でした。トップクラスの実業家であったウクライナ系アメリカ人 Sol Hurok がニューヨークのメトロポリタン・ハウスでの彼女による公演を後押しサポートします。当時、この実業家は他にも Vladimir Ashkenazy, Isadora Duncan, Anna Pavlova, Mstislav Rostropovich, Arthur Rubinstein などなど多くの著名あーティストのエージェントをやっていました そしてついに "La Argentinita" の才能に目をつけその実力を高く評価したのでした。
    Manuel Machado は自身の独特の言葉でアーティストを評価しています。"彼女はまるで空気中に泳ぐ ‘羽’ のようでした。...彼女の人生はその愛の重さに耐え切れないないかのような、それくらいに大きすぎる愛の人生でした。
    遺体はマドリードに埋葬されました。

  • アーティストコンビ Lole & Manuel は本名 Manuel Molina Jiménez (1948年セウタ生まれで "Encajero" の息子) と Dolores Montoya Rodríguez (1954年セビリヤのトゥリアネラ生まれで "La Negra" と Juan Montoya の娘)によるコンビでした。
    1975年 Manuel & Lole はレコードレーベル "Movieplay" から自身らの最初のフラメンコスタイルのアルバム "Nuevo Dia" をリリースします。彼らのフラメンコはいわゆる伝統的なものとは異なりました。異種のリズム、そしてアバンギャルドといえる一方で田園調の歌詞を持っていました。
    ステージでは振るえ揺れ動く Lole の声、Manuel のギターを聴くことができました。まだ十代であった Lole は Camarón de la Isla とステージでコラボレートし、セビリヤの "Los Grayos" とマドリードの "Las Brujas" でパフォーマンスしました。
    1993年、夫婦は別れます。夫婦には Alba という娘がいました。現在 Lole と Manuel レコードレーベル "Virgin" で活動しています。


    ディスコグラフィ: 

    Nuevo dia en 1975.
    Pasaje del agua en 1976.
    Lole y Manuel en 1977.

弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。