lupa

著名フラメンコアーティスト Flamenco

  • "Talegón de Córdoba" の名で知られたアーティスト Manuel Aranda Zamorano は1944年コルドバのサンタ・マリア地区で生まれました。
    かなり若いときから家族で一人身となりマドリードに移ります。タブラオの複数ある地区で仕事をします。そこでチャンスを待ちながら、当時のビッグアーティストのステージを見ながら学んでいきます。
    アーティストはカンテの手ほどきを実の叔母である "La Talegota" から受けました。Duques de Rivas シアターやコルドバの Gran Teatro などでパフォーマンスを積み重ねていきます。
    現在マドリードのバイレグループ Blanca del Rey で カンテの指導をしています。

  • "Agujeta el Viejo" の名で知られるアーティスト Manuel de los Santos Gallardo は1908年ヘレス・デ・ラ・フロンテラ(カディス)に生まれ1976年ロタ (カディス)で亡くなりました。稼業は鍛冶屋でした。アーティスト名である Agujeta(筋肉痛) は鉄道のポイントをかえているときに付けられました。

    アーティストは ロタの町でジプシー家族出身の Ana Pastor Monje と結婚します。子供は実に4人の娘と5人の息子という大家族でした。姉妹は一番上から Tomasa, Juana, Angélica, Mariaで兄弟は Manuel Agujetas, Luís Agujetas, Juan el Gordo, Paco, Diego でした。
    またアーティストの兄弟姉妹には Carmen de lso Santos Gallardos ( Miguel Pastor de los Santos の母), Diego "Rubichi", Domingo, "El Chalao" がいましたが彼は結局にプロとして活動することはありませんでした。しかし自身の子供や、孫、甥などにはインスピレーションを与えるなど大きな影響を与えました。
    残念ながらわたしたちが現在聴くことができる彼のレコードは非常にわずかです。

  • "Agujeta de Jerez" の名で知られたアーティスト Manuel de los Santos Pastor は1946年にヘレスの Acebuche通り で生まれました。アーティストが1歳のとき家族はロタの町に引っ越します。15歳のときにヘレスに戻り、17歳のときに徴兵で空軍に入隊します。
    アーティストは先ず父のパフォーマンスを聴くことでフラメンコに入りこんでいきました。彼の父は "Agujeta el Viejo" で 、父と共に鍛冶屋で仕事をしていました。
    8歳の時にバーで歌い始め、お金を稼ぐようになります。しかし生活のために手堅くお金を稼いでいく必要があり、鍛冶屋の仕事は引き続き父と共にしていく必要がありました。ある日 "Parrilla el Viejo" が彼にカンテをするよう招待します。"Agujeta de Jerez" の返事は以下のものでした: << オレは自分の生活をとにかく変えるんだ。だから歌いに行く!>>。
    彼はまた溶接工や羊毛の刈り込み職人としても仕事をし、それらはプエルト・デ・サンタ・マリアの時代からセビリヤの郊外に移るまで続きました。
    Agujeta de Jerez はとりわけ"カンテ・ホンド"や"セギリージャス"、"ソレアレス"のアーティストでした。彼のキャリアの作品は19作品になります。
    アーティストの父は Manuel Torre のアカデミーで音楽の勉強を積みました。彼のスタイルは保守的で古典的なフラメンコでした。1970年、マドリードで最初の作品をレコーディングします。作作品では Manolo Sanlucar のギターにアカンパニーしました。1977年には Premio Nacional de Cante de la Cátedra de Flamencología de Jerez の大きなタイトルを受賞しました。また Carlos Saura のフラメンコ映画作品 "Flamenco" (1994) に出演します。他にも Agujetas en París' (Harmonia Mundi, 1996), 'Agujeta en la soleá (Alía, 19989. レーベル Palo Nuevo) registra "24 kilates" ではセギリージャス、ソレアーレス、ファンダンゴスを歌いました。
    フランス人の Dominique Abel はドキュメンタリー 'Agujetas cantaor' を2000年に制作しました。
    またアメリカ合衆国やメキシコなどにもアーティスト活動をしながら数年間にわたって居住しました。
    スペインでの活動に加え、Manuel はパリやロンドン、ニューヨークで活動し、1977年に Premio Nacional de la Cátedra de Flamencología de Jerez を受賞します。
    Agujetas は度々建て直しをした家に住んでいました。アーティストはぶどう園をつくったり東京からお茶の木を取り寄せて育てたりしました。彼は東京出身の女性と結婚しました。彼女はダンサーでした。そのスタイルは"特別で普通とはことなり、彼女のように踊るジプシーやガチはいない" ほどでした。

  • "Melchor de Mairena" の名で知られたアーティスト Melchor Jiménez Torres は1907年セビリヤのマルチェナで生まれ1980年にマドリードで亡くなりました。
    アーティストの父は偉大なギター奏者 "El Lico" でした。母 Josefina はかつて有名なカンタオーラで兄弟はギタリスト "El Bizco" guitarrista と カンタオール "Chico Melchor"、アーティストの叔母は "La Gilita de Marchena" でした。

    彼のデビューはセビリヤでのプライベートパーティ内で、その時に出席していた約30人ほどのアーティストにアカンパニーしたものでした。その中には30年代を代表するアーティストが多数いました:"La Niña de los Peines" やその兄弟 "Tomás Pavón" などなど。

    1940年代、スペイン内戦終了後、彼は Doña Concha Piquer のグループに参加しその後、"Manolo Caracol" とコラボレートし、スペインやアメリカを周りました。タブラオ "Los Canasteros" では70年代まで第1ギタリストでした。かつては "Manolo Caracol" と "Antonio Mairena" のアカンパニングギタリストでした。この2人のアーティストは Melchor を深みのある演奏を持った、バンドメイトとしてパーフェクトと評価していました。Melchor はまた José Menese ともコラボレートしました。アーティストはセギリージャス、ブレリアス、タラントスとソレアレスが得意でした。
    La Cátedra de Flamencología de Jerez はアーティストに Premio Nacional de Guitarra Flamenca を1966年に授与しました。
    アーティストは非常に賢明で人望があり、多くのカンテアーティストにコラボレーションの依頼を受けました。おそらく全時代でも最高の演奏者であったと言うことができます。アーティストはサブライムのスタイルを発展確立させました。彼がレコーディングでコラボレートした有名なアーティストは: Tomás Pavón, Niña de los Peines, Juan Talega, Antonio Mairena, Manolo Caracol, José Menese, Fernanda y Bernarda de Utrera, Pepe el Culata や Pericón de Cádiz などです。アーティストが亡くなったのはマドリードでしたがその遺体は故郷である Marchena に埋葬されました。

  • "Bambino" のアーティスト名で知られた Miguel Vargas Jiménez は1940年2月12日にセビリヤのウトゥレラ県のヌエバ通りに生まれ、1999年5月5日に生まれ故郷で亡くなりました。
    アーティストの父は "Chamona" の名を持った Manuel Vargas Torres で本業は理髪師のアーティストでした。母は "Frasquita" こと Francisca Jiménez Ramírez, カンタオーラ兼バイラオーラでしたがそのパフォーマンスは家族内だけでした。彼女はまた Manuel "De Angustias" と兄弟姉妹の関係にありました。
    Miguel の父は自分の息子にも理髪師になってほしいと考えていました。それは生計を立てていくのに、何か特別なことをするよりもよっぽど確実であるという当然の理由からでした。アーティストの当初の夢はサッカー選手になることでした。チームではセンターバックのポジションにいました。そしてこの夢は生涯最後まで持ち続けていました。そしてもう一つの夢はプロのカンタオールになることでした。そして(母や兄 Diego "Chamona" がカンタオーラであるという)家庭環境からその夢はアーティストにとってとても自然なことでした。

    1957年5月15日、自身が生まれたウトゥレラ県のジプシーはたちは一年に一度集会 "El Potaje Gitano de Utrera" を開催していくことを決めました。各家族が何か飲み物、食べ物を持ってきて一年に一度のその特別な日をお祝いすることにしたのです。開会の日には何人かのアーティストも出席してお祝いしました: "Diego el de la Gloria", "Bernarda", "Pepa", "Perrate", "Manuel", "Gaspar de Utrera", や "Fernanda" などなど。 "Diego el de Gloria" はその夜には Renato Carasone の "Bambino Piccolino" を歌いました。この日以来 Miguel Vargas Jimenez のアーティスト名は "El Bambino" となりました。
    アーティストの従兄弟 Juan el Lebrijano は彼をタブラオ "La Venta de Antequera" に連れていきました。そのタブラオで "Gitanillo de Triana" は Miguel の才能を見出すことになります。"Gitanillo de Triana" はすぐさまアーティストと契約しマドリードのタブラオ "El Duende" に呼びます。
    1963年、闘牛士 "Gitanillo de Triana" もまたアーティストをマドリードのタブラオ "El Duende" に連れて行きます。その後、Las Cuevas の Pasapoga でアーティストは歌い、また Caracol と共に Los Canasteros で歌い、Torres Bermejas では La Paquera と Faíco らと共に歌いました。60年代と70年代には Bambino は多くのファンを世界各地に持ちました:南アフリカ、モロッコ、フロリダパークやマドリードの Mayte Commodore; ラス・ベガス もしくはバルセロナの El Bombín などなど...これらの地域では文字通りアーティストのキャリアの最高を堪能することができたのです。
    "Gitanillo de Triana" との交友関係からアーティストはセビリヤのタブラオ Real Venta de Antequera やマドリードの El Duende などでのステージを果たします。アーティストはルンバのキングでした。彼のレパートリーにはコプラやボレロス, ランチェロスのフラメンコがありました。
    1961年にはアーティストはすでにセビリヤの Venta Real de Antequera で歌い Bambino は500以上のレコーディングをしました。
    最初のレコーディング作品は24歳の時にレーベル Phillips から発表され有名作品 "El poeta lloró" が収録されました。アーティストはまたタブラオ "Torres Bermejas" で "La Paquera de Jerez" やバイラオール "Faico" らとコラボレートしました。
    1999年5月5日、アーティストは同じくアーティストである妹の polígono del Tinte の家(ウトゥレラ地区)で亡くなりました。死因は以前より患っていた咽頭癌でした。

弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。