lupa

著名フラメンコアーティスト Flamenco

  • Juan Ignacio Gómez Gorjón は1968年にバルセロナで生まれました。アーティスト名である "Juan Gómez Chicuelo" としてのほうがよりその存在が知られています。バルセロナのタブラオ "Tablao de Carmen" で "Mario Escudero", "Angelita Vargas", "La Tolea", "Eva Yerbabuena", "Sara Baras", "Adrián Galia", "Belén Maya", Antonio "El Pipa" や "Joaquín Grilo" らと共に活動しました。

    アーティストはまたカンタオーレス "Enrique Morente", "Rancapino", "Chano Lobato", "José Mercé", "Duquende", "Mayte Martín", Diego "El Cigala", "Carmen Linares", "Potito" らともコラボレートしました。
    さらに、アーティストは有名なバイレグループともコラボレート活動しました: Antonio Canales, Joaquín Cortés, Israel Galván, そして彼はその技術とパーソナリティを買われて La Bienal Flamenco de Sevilla 2000 のスペクタクルの座長を任されます。
    10年以上にわたって Shoji Kojima バイレ団のディレクターを務め、2003年からは Somorrostro Danza Flamenca のディレクター、2000年にはソリストとして自身最初CDを発表します: "Cómplices" (Harmonia Mundi).
    2007年の11月には自身の2枚目のCDあお発表します: "Diapasión" フラメンコの異なるパロスが複数登場します。

  • "Marote" の名で知られた Juan Santiago Maya はグラナダの地区 Sacromonte で 1936年に生まれ、2002年の9月にグラナダで亡くなりました。アーティストには3人兄弟でした。"Manolete" はバイレのプロで Pepe Maya は "Marotillo" として有名でした。
    自身の実の祖父 Juan Fajardo はグラナダでプロのギタリストでアーティストは祖父よりギターの指導を受け、Sacromonte 地区のケーブで始め、引き続きギターの道を歩み続けることにします。
    18歳の時にマドリードでプロとしてデビューします。立場は Rafael Farina のグループの一員としてでした、1960年にはマドリードのタブラオ "Torres Bermejas" で活動、1965年までそのステージで多くの有名アーティストとコラボレートしてきました。アーティストはさらに Carmen Amaya のグループでも活動しニューヨークなどアメリカ合衆国の各主要都市、また南アメリカ各国の首都で大きな成功を収めました。
    1964年 Feria Mundial のニューヨークでのスペクタクルに Antonio Gades と共に参加し数年間にわたって活動します。1976年から1980年には Manolo Vargas や María Rosa のグループで活動し、数年間にわたるツアーを実現します。アーティストはスペインの国立バレエ団とコラボレートします。彼はアンダルシアフェスティバルにおいて重要なアーティストで、1986年と1987年にはスペクタクルショー El Sur と La Petenera にManuela Vargas と共に参加しました。
    アーティストは日本中を巡り、彼の作品レコードは広範囲にわたりました。カンタンテ La Paquera, Fosoforito, Bambino, Fernanda や Bernarda de Utrera らとコラボレートしました。
    Marote "ragueo(ラスゲオ)" を多用したアーティストで、グラナダ発のオリジナルでアウトスタンディングなギタリストとしてその名を残しました。

弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。