lupa

著名フラメンコアーティスト Flamenco

  • "Francisco Tarregas" の名で知られた Francisco de Asís Tárrega y Eixea は1852年の11月21日に Villareal Castellón で生まれました。そして1909年の12月15日に亡くなりました。アーティストの父は Francisco Tárrega Tirado で母は Antonia Eixea Broch でした。

    小さいときから Francisco はよくベビーシッターから逃げては灌漑水路に落ちました。そのことはアーティストに大きなショックを与え、精神的な苦痛が彼の視力を奪いそれは生涯続きました。

    アーティストの父は息子の将来を憂え、もし失明した場合にそれで暮らしていけるよう、音楽を学ばせるため Castellón に引っ越しました。
    最初の音楽クラスを担当したのは Eugenio Ruiz と "El ciego Marina" の名で知られた Manuel González でした。彼らもまた盲目のアーティストでした。
    1862年ソリスト Julián Arcas は Francisco が演奏しているのを聴き、彼がより高いレベルの音楽クラスを持つようバルセロナに来るように家族を説得しました。
    しかし当時の家族の家系はとても余裕の持てるものではなく、Francisco は家族を助けるため近隣の町などでコンサートを持つようになりピアニストの仕事を "Casino de Burriana" で手に入れます。その頃、富豪であった Antonio Canesa はアーティストが名門音楽院 "Conservatorio Nacional de Música" で音楽の修練ができるよう彼にマドリード行きの旅を出資します。
    その当時のアーティストの教師 Arrieta は彼にピアノをやめギターに専心することを助言します。1880年の冬の間、アーティストは代役でありカンテのコンサート Novelda に出演し、そこで将来妻になる Maria Rizo と知り合います。

    1881年には Lyon でコンサートをし、その後パリへ向かい複数の劇場でパフォーマンスし、その後もロンドンなど旅を続け、Novelda に戻り Maria Rizo と婚約します。
    その後夫婦はマドリードに身を落ち着け、そこで第1子となる Maria Josefa が生まれます、しかし不幸にも生後すぐになくなってしまいます。夫婦はバルセロナへと拠点を移します。

    バレンシアでアーティストは自身の音楽家としてのキャリアに影響を与えることになる女性と知り合います: Concha Martínez は未亡人の富豪でアーティスト夫妻にバルセロナの Sant Gervasi にある家を貸し出します。後に名作として世に残る彼の作品の大半はこの家から生まれることになるのです。

    Tarregas は感受性ゆたかで、内気ながら温かい心を持った人間でした。そのためアーティストのコンサートはいつも規模が小さく、それが彼自身をいつまでたっても経済的に楽にしてくれないという問題でした。
    1906年アーティストは左半身麻痺に苦しみます。この長期にわたる病気も彼の家族を経済的に苦しい状態に追い込みます。彼の近い友人たちはアーティストがそんな状態から立ち直れるように、コンサートなどで何とかできるようサポートしていきます。

    彼は自身の持病をどうにか克服していき、新たにツアーを1908年の10月に計画実行していきます。彼は12月3日に Castellón に戻ります。しかし底での生活は期待していたものとは異なり、結局バルセロナに戻ってくることになります。1909年12月15日、バレンシア通りの自宅で彼は亡くなりました。

  • "Paco de Lucia" の名で言わずと知れたフラメンコ界の巨人 Francisco Sánchez Gómez は カディスのアルヘシラスに1947年の12月21日に生まれました。
    アーティストの父は Antonio Sánchez Pecino で母はポルトガル系の Lucia Gómez でした。彼のアーティストネームは彼の母に由来します。彼が生まれ育った地区では幼少のころより "Paco el de Lucia" と呼ばれるようになります。父、そして兄である Ramón recibió よりギターの手ほどきを受けるようになります。ア=ティストの父はかつて Melchor de Marchena の従兄弟である Manuel Fernández "Titi Marchena" よりギターのトレーニングを受けていました。
    兄の "Ramón de Algeciras" とともにプロのギタリストになり、数年間ギタリストグループを結成し活動します。
    1960年代の中旬、カンテの巨人 である "Camarón de la Isla" と知り合います。このアーティストコンビは言わずもがな"稀代のケミストリー"を生み出し、いまだにフラメンコ史に燦然と輝く伝説です。彼らは1968年から1978年の間に10のアルバム作品を世に出しました。
    "Paco de Lucia" 2つのアカデミーより影響を受けました: "Niño Ricardo" のアカデミーと "Sabicas" のアカデミー。
    "Niño Ricardo" はフラメンコギターの集中統合型かつモダン型でした。"Sabicas" のアカデミーはフラメンコギターの技術を大きく拡張した:ラスゲオやスリーフィンガー、一本弦のアルサプアなど、Sabicas は本当に自身の持つ技術が深く豊富で、時にそのビートの強さやコンポジションのクウォリティの高さからマイクを使用せずにパフォーマンスをしたこともありました。
    "Paco de Lucia" のフラメンコ界における最高の貢献はフラメンコを国際的なものとし、ポピュラーな地位にのし上げたことです。今でもこのアーティストはそのパーソナリティから、またそのリズム感、奏でる音の力強さから最高のギタリストの一人として考えられています。

    アーティストはキャリアを通じて列挙できないほど数多くの賞を受賞しました。下記はその一部です:
    "premio nacional de Guitarra de Arte Flamenco"
    "medalla de Oro al Mérito de las Bellas Artes" (1992)
    "Distinción Honorífica de los Premios de la Música" (2002)
    "premio Príncipe de Asturias de las Artes" (2004).
    彼はプライベートでサッカーとダイビングをするのが好きでした。



    ディスコグラフィ(一部):
    Los Chiquitos de Algeciras en 1961, con Pepe de Lucía.
    Dos Guitarras Flamencas en 1965, con Ricardo Modrego.
    Doce Canciones de García Lorca para Guitarra en 1965, con Ricardo Modrego.
    Dos Guitarras flamencas en América Latina en 1967, con Ramón de Algeciras.
    Canciones Andaluzas para dos guitarras en 1967, con Ramón de Algeciras.
    La fabulosa Guitarra de Paco de Lucía en 1967.
    Doce Hits Para 2 Guitarras Flamencas en 1969.
    Hispanoamérica en 1969.
    Fantasía Flamenca en 1969.
    Recital de Guitarra en 1971.
    Con Los 7 de Andalucía en 1971.
    El Mundo del Flamenco en 1971.
    El Duende Flamenco en 1972.
    Fuente y Caudal en 1973.
    En vivo desde el teatro real en 1975.
    Almoraima en 1976.
    Interpreta a Manuel de Falla en 1978.
    Castro Marín en 1981.
    Friday Night in San Francisco en 1981, con Al Di Meola y John McLaughlin.
    Sólo quiero caminar en 1981, The Paco de Lucia Sextet.
    Passion, grace and fire en 1983, con Al Di Meola y John McLaughlin.
    Live... one summer night en 1984, Paco de Lucia Sextet.
    Siroco en 1987.
    Zyryab en 1990.
    Concierto de Aranjuez de Joaquín Rodrigo en 1991.
    Live in América en 1993, Paco de Lucia Sextet.
    The guitar trío en 1996, con Al Di Meola y John McLaughlin.
    Luzia en 1998.
    Esta Es Mi Historia en 2002.
    Nueva Antología Edición conmemorativa del Premio príncipe de Asturias en 2004.
    Cositas Buenas en 2004.

弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。