lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

20

4

第11回 La Larachí Flamenca が6月9日~12日にセビリヤの Alameda 劇場で開催されます

La XI Larachí Flamenca se celebrará del 9 al 12 de junio en el Teatro Alameda
Belen Lopez
フラメンコイベント 第11回 La Larachí Flamenca はパリとマラガで好評を博して終了しましたが、セビリヤのアラメダ劇場では6月9日~12日に予定されています。前回までに開催されたイベントの成功からステージの場所がLa Peña Torres Macarena から変更されます。
新しいバージョンで期待されるのは時代を担っていく若きアーティストの参加で、その実現に向けてイベントの関係者は奔走しています。これまでも Larachí Flamenca はバイレやカンテ、ギター演奏における時代の代表者の参加に務めてきました。
los jóvenes que forman parte del elenco artístico de la XI Larachí Flamenca tienen una larga experiencia en el flamenco
Guadalupe Torres
したがってこの第11回Larachí Flamencaに参加する若きアーティストたちはフラメンコにおいて長い経験を持つと共に重要な素養も身に付けています。
こういった “経験によって身に付けられた素養” は彼ら全てに文字通り揺るぎない支柱となります。大きな劇団での活動や大きな舞台を経験することは、若いアーティストらのキャリアにとってこれ以上ない大きな財産になるのです。
このようにして、 Larachí Flamenco は“サウンド”としてのプロダクト、さらにはLa Bienal de Flamenco を通じてセビリヤ市とのコラボレーションによって催しがおこなわれます。初日の9日には Antoñete と Manuela Ríos のバイレが予定され、またカンテは El Moi と Tañe、ギターは Paco Iglesias、音楽のディレクターは Miguel Iglesias、10日の金曜日にはバイレの Guadalupe Torres ステージに登場し、カンテは Ismael de la Rosa と Juan José Amador、パーカッションは Kike Terrón で ギターは Víctor Tomate です。
6月11日と12日は Belén López  が Saúl Quirós と David de Jacoba のカンテと Carlos Jiménez のギター、 Rafael Jiménez 'El Chispa' のパーカッションにアカンパニーされてバイレをおこないます。日曜日には Lidón Patiño のバイレ、Angélica Leyva のカンテ、 Carlos Orgaz のギターと Amador Losada のパーカッションが予定されています。

全てのコンサートは 10時に始まります。
チケットは既に販売が開始されており、チケットの金額は14ユーロから始まり、また9日~11日までのコンサートが全て含まれたチケットが33ユーロで販売されています。


チケットの販売は Lope de Vega 劇場にて 11,00時~14,00時、18,00時~21,00時で、また当日券はスペクタクルの開始される1時間前まで販売されます。

コメント

  • Noelia

    Me parece genial el apoyo y la difusión que se le esta dando a las figuras jóvenes del flamenco. Desde ya os animo para que sigais ayudando a los jovenes para que puendan triunfar y llegar a ser unas grandes figuras. Ole!!!
  • christian louboutin

    la experiencia acumulada tras sus pasos por grandes compañías y escenarios del mundo no ha hecho más que aportar un importante valor a sus trayectorias.

コメントする