lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

30

3

ヘレスフェスティバル16日目: Fernando Belmonte, Fernando de la Morena & El Torta

バイラリン Fernando Belmonte を埋め合わせることは第14回ヘレスフェスティバルにおいて他の目的もありました。“Reencuentro” は Fernando Belmonte の偉大なパフォーマンス作品のの一つです。 Fernando Belmonte は世界中を自身の団体でツアーした後に教育の大きな貢献をして、過去の記憶としてとどめられたアーティストでした。

この企画の責任者は多くの信奉者の一人 Joaquín Grilo で、彼は最後の数ヶ月に作品でこのマエストロと共同すしました。複数のバイラリンには Ángel Muñoz, Fernando Galán, Christian Lozano, Alicia Márquez や Úrsula López などがいます。音楽は Juan Requena のギター演奏、Dorantes のフラメンコピアノです。

“Reencuentro” はフラメンコアクセントの欄外にスパニッシュクラシックの作品を取り込んで再びやってきました。Belmonte はスパニッシュクラシックの素晴らしい精通者で、したがって Manuel de Falla もしくは Albéniz や スペインクラシックダンスシーンの作品は抜かりありませんでした。

ヘレスフェスティバルの締めにはヘレスカンテの“2つの足跡”が登場します:Fernando de la Morena と Juan Moneo “El Torta”です。2人とも異なるスタイルをライブでパフォーマンスしました。それらは彼ら自身の地区:Santiago と San Miguel に関係するものです。

Fernando は模範的でゆっくりとしたカンタオールで、自身のオリジナルスタイルとしてのカンテの手法の域まで自身のレパートリーの中に大きなパーソナリティを演出します。ソレア、セギリージャ、ファンダンゴス と ブレリアは彼のレパートリーのよりコンプリートなパートです。

El Torta はまさに “対極” で、そのカンテは気性、内にあるものを発揮します。余地のできないカンタオールです。しかし残念ながら、近年ではその力が失われたように思われます。

 

コメントする