lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

26

3

ヘレスフェスティバル15日目: Pepe Torres, Almudena Serrano, Rafael Campallo, Los Delinqüentes & Tomasito

Joselero の孫で Diego el Gastor の甥の息子であるバイラオール Pepe Torres がヘレスフェスティバルのエディションのセッション Los Novismos de la XIV の夜の最後を飾りました。. Pepe の頭の中には全てのギタリストが具体化されていました。彼のバイレは実際にクラシックなものでポテンシャルはまだ道のり長いものです。パフォーマンスではLuis Moneo と Miguel Lavi のカンテに頼った部分がありました。

Torres に伴ってプエルト出身の Almudena Serrano がサプライズ登場しました。Almudena Serrano はアカデミア Matilde Coral で鍛えられ自身のキャリアをセビリヤで積み上げてきました。Miguel Rosendo, El Purga や Galli de Morónらのような異論の余地のない声を生み出してきました.

セビリヤ出身の Rafael Campallo は“Puente de Triana” とタイトルされた自身初のオリジナルをもって Villamarta 劇場でデビューしました。 これは昨夏に Mont de Marsan 初めて披露されたものです。このスペクタクル Campallo は4人の若きバイラオーレスを登場させました: El Choro, Marina, David Pérez そして María Moreno。また同時に姉弟であるバイラオーラ Adela Campallo とのコラボレーションを見せました。“Puente de Triana” ではその地域のよりプラクティカルなパロスが披露されました: セギリージャス, マリネテ, タンゴ, ソレア・デ・トゥリアナ そして ブレリア。

セッション La Frontera は Los Delinqüentes と Tomasito の音楽で幕を閉じました。彼らの音楽はコンパスに由来するものですが、新たなものを常に探し続ける音楽でもあります。Los Delinqüentes はフラメンコとロックの融合を見つけ出し、そのオータナティブな道の途中では Tomasito のスタイル、コンパスの Fred Astaire などが際立っています。

コメントする