lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

1

3

ヘレスフェスティバル初日: アンダルシアン・フラメンコ・バレエ

第14回ヘレスフェスティバルは2月23日(金)に開幕しました。アンダルシアのフラメンコバレエとグラナダ出身のFederico García Lorcaの“Poema del cante jondo en el Café de Chinitas”とタイトルされた詩作品にベースを置いたスペクタクルが上演されました。
作品はJosé Carlos Plazaと振り付け師Cristina Hoyosによって指揮されました。

確かに少し風変わりでしたが、ステージと無数に彩られたドレスは20世紀初頭のカンタンテ・カフェへと、さらに言えば往年のフラメンコアーティストを彷彿とさせるマラガのCafé de Chinitasへと一変させました。
シーンは豪華に演出されましたが、フラメンコをいわゆる通常のイメージとは全く異なるものへとかえるものでした。それらは必ずしも必要不可欠なものではありませんでしたが、これらによってバイレ全体が超一流クラスの芸術となりました。

カンテ・ホンドはペテネラ, セギリジャ, ソレアなどの悲痛なカンテパフォーマンスに加えて夜のメーンでした。
Fabiola, Vicente Gelo や David Carpioなどのカンタンテは本当に見事なアーティストで言葉では表せないほどのものでした。
夜のクライマックスはVicente Geloによる荘厳なカンテによってむかえられました。思わず固唾を呑むほどのものでした。

FlamencoExport.com

 

コメントする