lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

28

5

フラメンコの''Carmen''

コメントはありません

La «Carmen» de Sara Lezana y el Ballet Flamenco de Madrid
Ballet Flamenco de Madrid
今年もまた el Ballet Flamenco de Madrid は首都マドリードで公演をもちます。
ステージは Georges Bizet のオペラやバイラオーラで振付け師でもある Sara Lezana らと活動した詩人 Prosper Marimée の作品小説で構成されます。
実際にこれらをバイレに取り込んだのは、4半世紀以上にわたって活動をおこなってきたアントニオ・ガデスでした。このアーティストはまた Carlos Saura とも組んで映画の世界へも取り込みました。
それ以来、『Carmen』は多くの有名な振付け師たちをとりこにするものへとなりました。
Sara Lezana による、またマドリードフラメンコバレエの『Carmen』は昨日戻ってきました。実際、今回は5度目のシーズンです。バイレ団体のディレクターである Sara Lezana のマドリードでの公演は年々拡大しており、またその活動範囲はスペインを超えて海外へも拡大しています。舞台では2人の若いバイラリーナス Erika Macías と Vera León が Sara Lezana によって振り付けされた構成された主役を分かちあいます。

コメントする