lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

29

6

María Pagés が自身のキャリア20周年をセビリヤの Maestranza 劇場で祝います

4 コメント

La bailaora María Pagés celebra los 20 años de su compañía en el Maestranza バイラオーラ María Pagés は今週の火曜日、水曜日にセビリヤのマエストランサ劇場にて自身のスペクタクル 'Mirada' をキャリア20周年を祝いながら公開します。スペクタクルはは映画やラジオがその振り付けにインスピレーションを与えられたという特別なもので、また音楽は Rubén Lebaniegos、セビリヤの俳優 Juan Diego がテーマを先導するように演技をします。

圧倒的なパフォーマンスを持つ María Pagés は Mikhail Baryshnikov ら伝説的なアーティストにも賞賛されて、そのクレアティビティに富んだパフォーマンスはアーティストを純粋で、また同時にフラメンコにおける革命的な領域( Bellini の'Casta diva' や Shostakovich の 'un vals' )の音楽にまでもっていきます。一方で自身の持つ自然さやエッセンスなどは決して失うことなくマエストランサ劇場であらわれます。
María Pagés celebra los 20 años de su compañía en el Maestranza
María Pagés
「わたしは自分が感じるままにおどります」と María Pagés は自身のアーティスティックで変化の多いパーソナリティでバイレに関して語ります。
2002年のナショナルバイレアワード, 2004年のイタリアの Leonide Massine 賞, 4部門の賞 --グループ, スペクタクル, 指揮 そして 批評-- で知られる 第13回の Bienal de Arte Flamenco, 1996年のADEの振り付け賞, などなど様々な賞。
María Pagés (Sevilla, 1963) はセビリヤの Adelita Domingo アカデミーでフラメンコの学習をスタートしました。

彼女のキャリアは Antonio Gades のカンパニーで始まりました。その後、Mario Maya と Rafael Aguilar のバレエ団, María Rosaの第一バイラオーラとしてキャリアを積み上げていきました。インテリジェンスと熟練性を持つ彼女のアートはその内容、サパテアードと長い手足のエレガンスが唯一のフォームを形作るかのように妖艶で、伝統を重んじながらも現代性も持ち合わせています。

しかもこのアニバーサリーのバイレグループのツアーは --Pagés は1990年に自身のオリジナリティを追求するためグループを新たに立ち上げました。このグループでもって新たなツアーを始めました--  'Autorretrato', 'Sevilla' と 'Flamenco Republic' といった最も多くおこなわれた3つのスペクタクルにベースを置いています。この特別な上演をもってして 2009-2010 の Maestranza はグラン・フィナーレをむかえます。会場には 156.000 人の観客が訪れます。

スペクタクルは両日の20時30分に始まり、入場料は patio de butaca が約33ユーロ前後で、3階席が約19ユーロ前後です。チケットは一人当たり4枚まで、インターネットで el Maestranza のウェブページ--www.teatromestranza.com-- で購入できます。またチケット売り場では月曜日から土曜日の10時~14時まで、午後は17時30分~20時30分まで。インフォメーションの電話番号は 954 22 65 73

Fuente:europapress.es
Foto: WWW.TEATROMAESTRANZA.COM

コメント

  • Kiko

    Que razón tienen cuando dicen que en María Pagés habita el genio del baile, todos lo sabemos y lo proclamamos!!!
  • Yolanda

    Maria, gracias por tu talento!!! eres la mejor.
  • Cristina

    que monstruo eres!!! se me pone la carne de gallina cuando te veo.

コメントする