lupa
VHS 『El Amor Brujo』 - Vhs(PAL)

VHS 『El Amor Brujo』 - Vhs(PAL)

Ref: 504800003
3'00 € 税抜
362'43 ¥
商品の在庫がありましたら即日発送致します。在庫切れの場合は 3 日後(営業日)に発送されます。
日本円での表示価格は変動相場制により随時変わります
お届け日数:
商品の在庫がありましたら即日発送致します。在庫切れの場合は 3 日後(営業日)に発送されます。
商品説明:

ただいまセール中で在庫が終了次第、販売を終了いたします

愛、ダンス、死 これらは『 El amor brujo 』の重要な “3つのキー”です。

CarmeloはCandelaを愛していました。しかし彼女の父は既に娘の結婚相手をジプシーのおきてに従ってJoséと決めてしまっていました。しかしJoséは結婚後も彼の愛人情婦Lucíaとの関係を続けていました。そのまもなく後にJoséはCarmeloによって刺し殺されてしまいます。Carmeloは逮捕され4年の月日を牢獄で過ごすことになります。牢屋を出て村に戻ってきたCarmeloは衝撃を受けます。彼がかつてJoséを殺した場所でJoséの魂とCandelaが毎晩一緒に踊っているのです。魔法使いはCarmeloにその場所を取り除くためCandelaとダンスするように言いました。彼らの試みは…。

ストーリー概要:

子供のときから自身の選択権などなく結婚の相手が決められるのはジプシーのしきたりです。そしてこれがこのストーリーの中でCandelaとJoséに降りかかるのでした。そしてCarmeloは彼らの結婚式が起こるのをどうにも防ぐことはできなかったのです。結婚の日がいよいよやってきますが、Joséは相変わらずLucíaとの関係を続けていました。JoséはついにはCarmeloに刺し殺されてしまいます。Carmeloは状況が状況であったにしても牢屋に入らざるを得ませんでした。一方Candelaは夫の死を受け止められずにいました。彼女は毎晩のように夫が刺し殺された場所へと彼の魂を求めて通いました。Carmeloは牢屋を出たとき彼女から給いいの話を聞かされましたが信じませんでした。彼は彼女に好きであることを告白しますが彼女は同じ気持ちになれませんでした。なぜなら彼女は死んだ夫の魂を感じていたからです。魔法使いの指示に従い、彼らは満月の夜に儀式的な火の踊りをします。暗闇の中で、4つのキャラクターが現れ、彼らの運命を決定していくのでした…。

キャスト:

Carmelo: Antonio Gades

Candela: Cristina Hoyos

Lucía: Laura del Sol

José: Juan Antonio Jiménez

Witch: Emma Penella

Pastora: La Polaca

The wolf: Gómez de Jerez

José father: Enrique Ortega

Candela's father: Diego Pantoja

Rocío: Giovanna

Chulo: Candy Román

Cantaores: Gómez de Jerez y Manolo Sevilla

Guitar players: Antonio Solera, Manuel Rodríguez y Juan Manuel Roldán

 

映像:

ディレクター: Carlos Saura

ストーリー作成、振り付け: Carlos Saura y Antonio Gades

プロダクション: Emiliano Piedra

写真: Teodoro Escamilla

音楽: Manuel de Falla, interpretada por Rocío Jurado y la Orquesta Nacional de España, dirigida por Jesús López Cobos

デコレーション、衣装: Gerardo Vera

セット: Pedro del Rey

アシスタントディレクター: Carlos Saura Medrano

撮影秘書: Julián Marcos

カメラ: Julio Madurga

サウンド: Daniel Goldstein

チーフプロデューサー: Emiliano Otegui

セットマネージャー: Gustavo Quintana

アシスタントプロデューサー: Manuel Rincón

 

 

時間:103分

 

 

 

注)こちらのVHSは PALシステムのみに対応しています。

日本、アメリカ地域で通常使用されるNTSCシステムには対応していません!!

コメント:
コメントする

ただいまセール中で在庫が終了次第、販売を終了いたします

愛、ダンス、死 これらは『 El amor brujo 』の重要な “3つのキー”です。

CarmeloはCandelaを愛していました。しかし彼女の父は既に娘の結婚相手をジプシーのおきてに従ってJoséと決めてしまっていました。しかしJoséは結婚後も彼の愛人情婦Lucíaとの関係を続けていました。そのまもなく後にJoséはCarmeloによって刺し殺されてしまいます。Carmeloは逮捕され4年の月日を牢獄で過ごすことになります。牢屋を出て村に戻ってきたCarmeloは衝撃を受けます。彼がかつてJoséを殺した場所でJoséの魂とCandelaが毎晩一緒に踊っているのです。魔法使いはCarmeloにその場所を取り除くためCandelaとダンスするように言いました。彼らの試みは…。

ストーリー概要:

子供のときから自身の選択権などなく結婚の相手が決められるのはジプシーのしきたりです。そしてこれがこのストーリーの中でCandelaとJoséに降りかかるのでした。そしてCarmeloは彼らの結婚式が起こるのをどうにも防ぐことはできなかったのです。結婚の日がいよいよやってきますが、Joséは相変わらずLucíaとの関係を続けていました。JoséはついにはCarmeloに刺し殺されてしまいます。Carmeloは状況が状況であったにしても牢屋に入らざるを得ませんでした。一方Candelaは夫の死を受け止められずにいました。彼女は毎晩のように夫が刺し殺された場所へと彼の魂を求めて通いました。Carmeloは牢屋を出たとき彼女から給いいの話を聞かされましたが信じませんでした。彼は彼女に好きであることを告白しますが彼女は同じ気持ちになれませんでした。なぜなら彼女は死んだ夫の魂を感じていたからです。魔法使いの指示に従い、彼らは満月の夜に儀式的な火の踊りをします。暗闇の中で、4つのキャラクターが現れ、彼らの運命を決定していくのでした…。

キャスト:

Carmelo: Antonio Gades

Candela: Cristina Hoyos

Lucía: Laura del Sol

José: Juan Antonio Jiménez

Witch: Emma Penella

Pastora: La Polaca

The wolf: Gómez de Jerez

José father: Enrique Ortega

Candela's father: Diego Pantoja

Rocío: Giovanna

Chulo: Candy Román

Cantaores: Gómez de Jerez y Manolo Sevilla

Guitar players: Antonio Solera, Manuel Rodríguez y Juan Manuel Roldán

 

映像:

ディレクター: Carlos Saura

ストーリー作成、振り付け: Carlos Saura y Antonio Gades

プロダクション: Emiliano Piedra

写真: Teodoro Escamilla

音楽: Manuel de Falla, interpretada por Rocío Jurado y la Orquesta Nacional de España, dirigida por Jesús López Cobos

デコレーション、衣装: Gerardo Vera

セット: Pedro del Rey

アシスタントディレクター: Carlos Saura Medrano

撮影秘書: Julián Marcos

カメラ: Julio Madurga

サウンド: Daniel Goldstein

チーフプロデューサー: Emiliano Otegui

セットマネージャー: Gustavo Quintana

アシスタントプロデューサー: Manuel Rincón

 

 

時間:103分

 

 

 

注)こちらのVHSは PALシステムのみに対応しています。

日本、アメリカ地域で通常使用されるNTSCシステムには対応していません!!

アーティスト
関連製品:
コメントする
弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。