lupa
カスタネット・ブレリア入門用

カスタネット・ブレリア入門用

Ref: 504740002
18'20 € 税抜
2207'48 ¥
商品の在庫がありましたら即日発送致します。在庫切れの場合は 15 日後(営業日)に発送されます。
日本円での表示価格は変動相場制により随時変わります
お届け日数:
商品の在庫がありましたら即日発送致します。在庫切れの場合は 15 日後(営業日)に発送されます。
商品説明:
カスタネット・ブレリア. 入門用

紐で繋いだ二枚の貝型の板を手のひらの中で打ち合わせて音を出す打楽器。端に黒い40cmの紐を通してつなげ、このひもに親指を通して保持したり2枚の開き具合を調整したりする。通常、音程がわずかに異なる2つのカスタネットを一組として演奏し、高い方のカスタネットを右手で持つ。音程の高い方は「雌」、音程の低い方は「雄」と呼ばれ、両者を見分けるために「雌」のひもの通し穴付近には目印の切れ込みが入れられている。

フィリグラーナのカスタネットです
カスタネットはパーカッション楽器です。
フィリグラーナ(セビージャ、スペイン)はフラメンコの道具の市場で最も多くの歴史、経験を持ったメーカーの一つです。
セビージャに本拠を置く工芸のアーティスト達のこちらのメーカーは、木製のカスタネットと比較して気温や湿気などの環境変化に強く、気品高い優れたサウンドを生み出してくれる高い弾力性を持ったカスタネットを製作しています。より良きカスタネットの製造のため、プロのダンサー達が素晴らしい真のサウンドを手にできるような高品質のカスタネットを提供できるように、わたしたちは伝統的な知識、技術を大切にしております。
- ブレリア・モデル 入門用 
- ファイバーグラス
- カラー: ブラック
- サイズ: 4 と 5
サイズ センチメートル:
サイズ4: 6'5 幅 x 8'4 高さ
サイズ5: 6'8 幅 x 8'9 高さ
どのようにカスタネットは使用するか
 
カスタネットはフェニキア文明期大変広く使われるようになった歴史のあるパーカッション楽器です。フェニキア文明は紀元前1200年~紀元前900年に地中海に広まった文明で海洋貿易が文明のコア部分を成していました。その歴史を通して、カスタネットはスペインに独特の趣向、ムードを形づくっていきました。
カスタネットはスペインで歴史を越えて受け継がれてきた伝統の文化です(カスタネットはスペインの国民的な打楽器だと考えられているのです)。カスタネットは広く一般に使用されてきた過程でスペインに独特の趣向、カラーをあたえ続けてきました。
 
どのようにカスタネットを手に持つか
 
まず、奏者はカスタネットを手に持つ時どちらのカスタネットがより高い音かをしっかりと把握していなくてはいけません。
高音のカスタネットは通常右手にセットされ、低音のカスタネットは左手にセットされます。
カスタネットの紐は親指に固定され、紐はきつすぎない程度に結んでおきます。
 
手のポジション 
 
カスタネットの演奏を練習いていく上で、手を正しい位置にセットするのはとても重要なことです。正しい手のポジションは指先を揃え手のひらは体の方に向けて返します。
 
右手のカスタネットは小指、薬指、中指、人指し指を使って演奏します。
 
左手のカスタネットは小指、薬指、中指で同じリズムで打ち合わせていきます。
 
リズム 
リズムは右手のカスタネットで始め、左手のカスタネットの音で最後の音を打ち消していくようにリズムを作っていきます。良いリズムを取っていくには、カスタネットの音は多様な5つの独立した要素のコンビネーションに基礎を置いていることをいつも認識することが重要です。
CA-RRE-TI-LLA:この要素は右手のカスタネットでのみ行われます。手首の動きを最小限に抑えていくように心がけます。4度のタッチの叩き始めで、CA-RRE-TI-LLA というリズム音を作っていきます; CAは小指で叩き; RREは薬指で; TIは中指で; LLAは人指し指で音を出します。
 
TAN:上記のCA-RRE-TI-LLAの音に続いて左手のカスタネットで音を出します; 薬指と中指を同時に使います、第1要素であるCA-RRE-TI-LLAのリズム音につづいてインターバルを作らないようにします。
 
TIN:この音はCA-RRE-TI-LLAのリズム音の後に出します; 右手の薬指と中指を同時に使います。
 
TIAN:この音はTINの音とTANの音が一緒に発せられる時にできる音です。
 
POSTICEO:この音は二つのカスタネットが同時に合わさる時に起こるリズム音です。右手を持ち上げて左手と水平にたもち、カスタネットを打ち合わせます。
コメント:
コメントする
カスタネット・ブレリア. 入門用

紐で繋いだ二枚の貝型の板を手のひらの中で打ち合わせて音を出す打楽器。端に黒い40cmの紐を通してつなげ、このひもに親指を通して保持したり2枚の開き具合を調整したりする。通常、音程がわずかに異なる2つのカスタネットを一組として演奏し、高い方のカスタネットを右手で持つ。音程の高い方は「雌」、音程の低い方は「雄」と呼ばれ、両者を見分けるために「雌」のひもの通し穴付近には目印の切れ込みが入れられている。

フィリグラーナのカスタネットです
カスタネットはパーカッション楽器です。
フィリグラーナ(セビージャ、スペイン)はフラメンコの道具の市場で最も多くの歴史、経験を持ったメーカーの一つです。
セビージャに本拠を置く工芸のアーティスト達のこちらのメーカーは、木製のカスタネットと比較して気温や湿気などの環境変化に強く、気品高い優れたサウンドを生み出してくれる高い弾力性を持ったカスタネットを製作しています。より良きカスタネットの製造のため、プロのダンサー達が素晴らしい真のサウンドを手にできるような高品質のカスタネットを提供できるように、わたしたちは伝統的な知識、技術を大切にしております。
- ブレリア・モデル 入門用 
- ファイバーグラス
- カラー: ブラック
- サイズ: 4 と 5
サイズ センチメートル:
サイズ4: 6'5 幅 x 8'4 高さ
サイズ5: 6'8 幅 x 8'9 高さ
どのようにカスタネットは使用するか
 
カスタネットはフェニキア文明期大変広く使われるようになった歴史のあるパーカッション楽器です。フェニキア文明は紀元前1200年~紀元前900年に地中海に広まった文明で海洋貿易が文明のコア部分を成していました。その歴史を通して、カスタネットはスペインに独特の趣向、ムードを形づくっていきました。
カスタネットはスペインで歴史を越えて受け継がれてきた伝統の文化です(カスタネットはスペインの国民的な打楽器だと考えられているのです)。カスタネットは広く一般に使用されてきた過程でスペインに独特の趣向、カラーをあたえ続けてきました。
 
どのようにカスタネットを手に持つか
 
まず、奏者はカスタネットを手に持つ時どちらのカスタネットがより高い音かをしっかりと把握していなくてはいけません。
高音のカスタネットは通常右手にセットされ、低音のカスタネットは左手にセットされます。
カスタネットの紐は親指に固定され、紐はきつすぎない程度に結んでおきます。
 
手のポジション 
 
カスタネットの演奏を練習いていく上で、手を正しい位置にセットするのはとても重要なことです。正しい手のポジションは指先を揃え手のひらは体の方に向けて返します。
 
右手のカスタネットは小指、薬指、中指、人指し指を使って演奏します。
 
左手のカスタネットは小指、薬指、中指で同じリズムで打ち合わせていきます。
 
リズム 
リズムは右手のカスタネットで始め、左手のカスタネットの音で最後の音を打ち消していくようにリズムを作っていきます。良いリズムを取っていくには、カスタネットの音は多様な5つの独立した要素のコンビネーションに基礎を置いていることをいつも認識することが重要です。
CA-RRE-TI-LLA:この要素は右手のカスタネットでのみ行われます。手首の動きを最小限に抑えていくように心がけます。4度のタッチの叩き始めで、CA-RRE-TI-LLA というリズム音を作っていきます; CAは小指で叩き; RREは薬指で; TIは中指で; LLAは人指し指で音を出します。
 
TAN:上記のCA-RRE-TI-LLAの音に続いて左手のカスタネットで音を出します; 薬指と中指を同時に使います、第1要素であるCA-RRE-TI-LLAのリズム音につづいてインターバルを作らないようにします。
 
TIN:この音はCA-RRE-TI-LLAのリズム音の後に出します; 右手の薬指と中指を同時に使います。
 
TIAN:この音はTINの音とTANの音が一緒に発せられる時にできる音です。
 
POSTICEO:この音は二つのカスタネットが同時に合わさる時に起こるリズム音です。右手を持ち上げて左手と水平にたもち、カスタネットを打ち合わせます。
関連製品:
コメントする
弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。