lupa
楽譜 Alcazar de cristal de Rafael Riqueni Vol. 3

楽譜 Alcazar de cristal de Rafael Riqueni Vol. 3

Ref: 50489L-ALCAZAR 03
41'92 € 税抜
5420'26 ¥
お届け日数 3 日後(営業日)に発送されます。
日本円での表示価格は変動相場制により随時変わります
お届け日数:
お届け日数 3 日後(営業日)に発送されます。
商品説明:
CD『Alcazar de cristal』の3つの本がEnrique Vargasの今日の偉大なフラメンコギタリストの楽譜コレクションに新しく加わります。
上記のように3つのボリュームで構成され、こちらはそれらの第3ボリュームです。
 
『Alcazar de cristal』はRafael Riqueniによる最新作で以下にあげる様々な理由からともても興味深いものです。
 
まず第一に、作品に全てRafaelが明白にフラメンコミュージック言語の中で実行するバロックからスペイン音楽主義へ、ジャズから19世紀のロマンス主義へなど影響が広範囲の音色にわたって見られることです。
 
第二に、時に3本のギター、ストリングセクション、ピアノ?など、その編曲の複雑性です。
 
実際的には、1本よりも多くギターを使うときはそれはフラメンコ音楽ではないため、この編曲楽譜には非常に多くの努力が注ぎ込まれているのです。これらは教材としてだけでなく、プロの曲付けでも使用することができます。全てのパートは編曲して楽譜に表記され、これらはデュオやトゥリオに理想的に作られています。こちらはプロのフラメンコグループもしくは複数のギタリストとコラボレーションして演奏したいと望む学習者たちにとって多くの可能性を開いているスコアです。例えば、ダンスグループの演奏しているミュージシャン、もしくはシンガーをフォローしているミュージシャンなどは一つ以上のギターパートにアレンジされたこちらのアルバムから多様なファルセットを使うことができます。
 
こちらはピュアフラメンコの世界からではない作品のシリーズを含んでいます。そのためこの楽譜を使用するのにフラメンコフォームやテクニックの深い知識は要求されません。そのことはクラシック、ジャズ、ブラジリアンなど他のスタイルのギタリストへとなることへもまたつながります。フラメンコに関係しながらも、フラメンコギターと他のジャンルの間でショートリンクを作り上げています。

 
各スコアは下記のことを含んでいます:
  1. パロの歴史
  2. 音階、コード、フラメンコ音調
  3. コンパス、パルマス、フットタッピングのパターン?これらはフラメンコリズムを習得するのに不可欠ですが、フラメンコに関する出版物で分析されるのは稀で貴重なことです。
  4. 最も難しいファルセット分析、解説、また技術的な実行におけるアドバイス
  5. ベーシックラスゲアードのリスト
  6. フラメンコ用語の用語解説
  7. フラメンコの表記に使用される記号
 
スコアサンプル
コメントサンプル
批評サンプル
 
こちらの本は全体で600ページ以上にもなるので、使いやすいように3つのボリュームに分けられています。
 
これは今日の偉大なフラメンコギタリストの楽譜シリーズでは慣習的に行われているフォーマットです:el Viej�#12395;よる『Algo que decir』、Rafael Riqueniによる『Alcazar de Cristal』など、現代のフラメンコの作品は以前のそれよりもさらに長く作られ、ましてギターが1パート以上あるため、Enrique Vargasは加えられた全てのギターを音符表記し必然的にそれらは長くなるためです。さらには、各コメントや批評分析、アドバイスなどのセクションは本を全体的に、もしくは特徴的なそれぞれのアーティストのスタイルなどに関して、フラメンコのミニ・マニュアルのようにしています。
 
こちらの版は英語スペイン語の2言語構成となっています。
楽譜にはまた両手のフィンガリングがタブラチャーフォーマットで表記されています。



ボリューム3

 
言語:英語、スペイン語

フォーマット:A4
ページ数:169ページ数

 
『Puente, rio, Macarena, Triana』
印象的にセレクトされたセビジャーナスでそのスタイルはオーケストラの編曲、また2つのギターの編曲においても両方において、スペインの偉大なコンポーザーManuel de Fallaを意識したつくりになっています。また、ジャズテイストの即興パートが入っており、そこではピアノのフォローパートがセカンドギター用にアレンジされています。
 
この曲は2つのフラメンコギター用に壮麗なデュオスタイルになっています。コメンタリーチャプターではセビジャーナスの構造についての解説がされています。批評分析のパートでは即興のパートが解説されます。また即興の間の使われるいくつかのスケールがアドバイスされます。スイングのコンセプトも解説されてます。
 
『Benamargosa』
こちらの“ファンタジー”はスペイン印象主義とフラメンコの壮麗な融合です。フラメンコパートはシギリージャスによってコンパスに向けて書かれ、批評分析チャプターでは、このパロのリズムの議論とシギリージャスシステムにしたがったそれを書くための方法と一緒にその解説がされています。Enrique Vargasはこのより論理的で簡潔なシステムでシギリージャスを書いた最初の人物でした。アドバイスパートではよりよく理解する手助けをしてくれるコードとスケールが付き、こちらの曲で使われるロンデーニャ・チューニングの解説がされています。
 
ブレリアス『Rebelde』
こちらのブレリアは素晴らしいフラメンコギターソロの曲です。アドバイスチャプターでは20世紀を通したブレリアスリズムの深い学習が紹介されます;このパロ用の様々なリズミックパターン、書き方、サパテアード、パルマスなど。
コメント:
コメントする
CD『Alcazar de cristal』の3つの本がEnrique Vargasの今日の偉大なフラメンコギタリストの楽譜コレクションに新しく加わります。
上記のように3つのボリュームで構成され、こちらはそれらの第3ボリュームです。
 
『Alcazar de cristal』はRafael Riqueniによる最新作で以下にあげる様々な理由からともても興味深いものです。
 
まず第一に、作品に全てRafaelが明白にフラメンコミュージック言語の中で実行するバロックからスペイン音楽主義へ、ジャズから19世紀のロマンス主義へなど影響が広範囲の音色にわたって見られることです。
 
第二に、時に3本のギター、ストリングセクション、ピアノ?など、その編曲の複雑性です。
 
実際的には、1本よりも多くギターを使うときはそれはフラメンコ音楽ではないため、この編曲楽譜には非常に多くの努力が注ぎ込まれているのです。これらは教材としてだけでなく、プロの曲付けでも使用することができます。全てのパートは編曲して楽譜に表記され、これらはデュオやトゥリオに理想的に作られています。こちらはプロのフラメンコグループもしくは複数のギタリストとコラボレーションして演奏したいと望む学習者たちにとって多くの可能性を開いているスコアです。例えば、ダンスグループの演奏しているミュージシャン、もしくはシンガーをフォローしているミュージシャンなどは一つ以上のギターパートにアレンジされたこちらのアルバムから多様なファルセットを使うことができます。
 
こちらはピュアフラメンコの世界からではない作品のシリーズを含んでいます。そのためこの楽譜を使用するのにフラメンコフォームやテクニックの深い知識は要求されません。そのことはクラシック、ジャズ、ブラジリアンなど他のスタイルのギタリストへとなることへもまたつながります。フラメンコに関係しながらも、フラメンコギターと他のジャンルの間でショートリンクを作り上げています。

 
各スコアは下記のことを含んでいます:
  1. パロの歴史
  2. 音階、コード、フラメンコ音調
  3. コンパス、パルマス、フットタッピングのパターン?これらはフラメンコリズムを習得するのに不可欠ですが、フラメンコに関する出版物で分析されるのは稀で貴重なことです。
  4. 最も難しいファルセット分析、解説、また技術的な実行におけるアドバイス
  5. ベーシックラスゲアードのリスト
  6. フラメンコ用語の用語解説
  7. フラメンコの表記に使用される記号
 
スコアサンプル
コメントサンプル
批評サンプル
 
こちらの本は全体で600ページ以上にもなるので、使いやすいように3つのボリュームに分けられています。
 
これは今日の偉大なフラメンコギタリストの楽譜シリーズでは慣習的に行われているフォーマットです:el Viej�#12395;よる『Algo que decir』、Rafael Riqueniによる『Alcazar de Cristal』など、現代のフラメンコの作品は以前のそれよりもさらに長く作られ、ましてギターが1パート以上あるため、Enrique Vargasは加えられた全てのギターを音符表記し必然的にそれらは長くなるためです。さらには、各コメントや批評分析、アドバイスなどのセクションは本を全体的に、もしくは特徴的なそれぞれのアーティストのスタイルなどに関して、フラメンコのミニ・マニュアルのようにしています。
 
こちらの版は英語スペイン語の2言語構成となっています。
楽譜にはまた両手のフィンガリングがタブラチャーフォーマットで表記されています。



ボリューム3

 
言語:英語、スペイン語

フォーマット:A4
ページ数:169ページ数

 
『Puente, rio, Macarena, Triana』
印象的にセレクトされたセビジャーナスでそのスタイルはオーケストラの編曲、また2つのギターの編曲においても両方において、スペインの偉大なコンポーザーManuel de Fallaを意識したつくりになっています。また、ジャズテイストの即興パートが入っており、そこではピアノのフォローパートがセカンドギター用にアレンジされています。
 
この曲は2つのフラメンコギター用に壮麗なデュオスタイルになっています。コメンタリーチャプターではセビジャーナスの構造についての解説がされています。批評分析のパートでは即興のパートが解説されます。また即興の間の使われるいくつかのスケールがアドバイスされます。スイングのコンセプトも解説されてます。
 
『Benamargosa』
こちらの“ファンタジー”はスペイン印象主義とフラメンコの壮麗な融合です。フラメンコパートはシギリージャスによってコンパスに向けて書かれ、批評分析チャプターでは、このパロのリズムの議論とシギリージャスシステムにしたがったそれを書くための方法と一緒にその解説がされています。Enrique Vargasはこのより論理的で簡潔なシステムでシギリージャスを書いた最初の人物でした。アドバイスパートではよりよく理解する手助けをしてくれるコードとスケールが付き、こちらの曲で使われるロンデーニャ・チューニングの解説がされています。
 
ブレリアス『Rebelde』
こちらのブレリアは素晴らしいフラメンコギターソロの曲です。アドバイスチャプターでは20世紀を通したブレリアスリズムの深い学習が紹介されます;このパロ用の様々なリズミックパターン、書き方、サパテアード、パルマスなど。
商品詳細:
アーティスト
関連製品:
コメントする
弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。