lupa
section image

ウェディングドレス

Agenda para preparar eficazmente una boda

ウェディングにむけての準備  例:スペイン式
12ヶ月前
まずウェディングプランナーに相談します
婚約者、自分の両親、婚約者の両親などと結婚の日全般の青写真(予算、ドレス、場所、日時、参加者)について話を重ねていきます。
式、披露宴の場所を決定し予約します。メジャーな場所では1年前に予約をする必要があることもあります。
ドレスなどの買い物を始めます。自身のセッティングしていくウェディングの時期、場所にマッチするようによく考慮していきます。
招待者を決め、場所や日時を伝えます。結婚式の日が祝日のある週末であったり、招待者が遠くまで行かなくてはならないほど特別な場所であれば早めに伝えておく必要があります。
10ヶ月前
ケータリング、花屋、写真屋などの準備を始めます。
もし宗教的な式を計画していれば婚約者とともに聖職者の元を訪れます。その後、細かく話を詰めていくために式の2ヶ月前にもう一度聖職者に会う機会を持ちます。
 8ヶ月前
ケータリング、花屋、写真屋などの予約をします
アイディアを詰めてきたドレスをオーダーします
 現在までの会計記録を作ります。その後も定期的に記録しチェックし、購入するものがあるごとに記録していきます。
 ゲストのリストをはじめます。半分は花嫁にもう半分は新郎に割り当てられます
6ヶ月前
新婚旅行を計画を始めます。しかし、旅行代理店を訪れる前に好みあ予算に合ったある程度の計画を立てておきます。
ウェディングプランナーと計画を細かく詰めていきます。ケータリングのメニュー、花なども詳細に決定します。
ウェディングパーティー用のリムジン、書家、ポートレート用の写真家の予約をします(このとき、ポートレート用の写真家はウェディングフォトグラファーとは異なります)。
招待者へのカード、地図、プログラムなどを整理し校正します。
4ヶ月前
ハネムーンの予約をします。
最終的なゲストを確認し、書道家にフルネームで書いてもらい招待状を作成します。その際、場所日時なども記載したものも同封します。
注文しているウェディングドレスを始めて試着するアポイントメントを取ります。
結婚指輪を注文します。
もし新郎や案内人が式での衣装をレンタルするおつもりなら、式を挙げる町のレンタル衣裳店へ行き衣裳を選び予約しておきます。
また結婚式の日のホテルを予約してきます
2ヶ月前
式を司ってくれる司祭の元を訪れ式本番での“誓いの言葉”の反復練習をします。
プロに試しのメーキャップをしてもらう機会があったら、同時にポートレート用の写真も試しにとってもらいます。本番前に試しに撮ってもらうよい機会です。
完成した招待状をいよいよゲストへ送ります。
6週間前
ウェディングドレスの最後の試着をします
結婚指輪を受け取りに行きます
ヘアスタイリストに本番用のセットを試してもらい、また本番の日の予約をします。
プログラムを印刷します
2週間前
必ず撮ってもらいたいショットのリストを写真家やビデオ録画者にあらかじめ渡しておきます。
ゲストなどの席位置をアレンジします。
ハネムーンの予約を確認します。
靴など履いてスリップなどしないようにならしておきます。
1週間前
ハネムーンのための荷造り、新婚旅行用の洋服の仕度をします。
付き添いの人たちに式の段取りの確認を行います
式の数日前にウェディングドレスを受け取りに行きます
1日前
花嫁と花嫁の母親はネイルサロンに行きます
最後のリハーサルをします