lupa
DVD Herencia Flamenca - Ketama - Documental

DVD Herencia Flamenca - Ketama - Documental

Ref: 50112UN574
17'95 € 税抜
2171'05 ¥
商品の在庫がありましたら即日発送致します。在庫切れの場合は 3 日後(営業日)に発送されます。
日本円での表示価格は変動相場制により随時変わります
お届け日数:
商品の在庫がありましたら即日発送致します。在庫切れの場合は 3 日後(営業日)に発送されます。
商品説明:
こちらはドイツ人ディレクターMichael Meertによって製作されたKetamaグループのドキュメンタリーDVDです。またKetamaを作ったRay HerediaとAntonio Floresに捧げられています。しかし、映画はまたフラメンコの3つのジェネレーションの歴史の編集でもあります:Habichuela (Juan and Pepe),彼らの子供たち(後にKetamaに結びつきました),その子供たち,フラメンコの過去と未来について語っています。
 
 
概要:
 Ketamaは80年代の最初に始まりました。伝統的なフラメンコスタイルをあえて壊すことでかつて前例のないほどの成功を収めました。しかしKetamaは彼ら自身の家系の伝統の音楽の歴史によってとても有名になったのです。Juan Carmona "Habichuela"、Pepe "Habichuela", 名声を確立したフラメンコギターの二人兄弟はKetamaメンバーの父親たちでした。世代を越える際には音楽家としての一つの境地を開きながら、困難や創造性がなかったなどということはなく、それらを乗り越え着実にやってきたのでした。子供たちや孫たちに教え伝えていくことは単純に喜びの話というだけではなく、生き残りをかけた真剣そのものでした。現在では、若い世代が彼らの素晴らしいタレントを披露しています。Ketamaは"Habichuela"の伝統の扉を開き、彼ら自身の観点、経験、夢、文化や音楽が染みこんだジプシーファミリーの感性から国の歴史の情熱的な旅へと深く入り込んでいったのでした。彼らの文化や音楽の兆しとはまさに彼ら自身のルーツの生き残りをかけることを意味していました。この最も多様性に富んだツアー、彼らの原点であるアルバイシンやサクロモンテまで、彼の家から彼の先祖の原点インダスまで、また若い世代の人々にいたる偉大な歴史は私たちにこのファミリーを理解する機会を与えてくれています。異なるドキュメント材料の詩的コンビネーション、複数の選ばれた曲や現代に撮られたイメージは受け継がれてきたフラメンコの強さを理解するのに一役を担っています。

 
 

ディレクター、脚本: Michael Meert
国: ドイツ, フランス, スペイン
制作年: 2005
時間: 89 分
ジャンル: ドキュメンタリー
Intervention: Antonio Carmona, Juan Carmona, José Miguel Carmona, Juan Carmona ‘’Habichuela’’, Pepe ‘’Habichuela’’
Production: Carl-Ludwig Rettinger
音楽: Ketama, Juan ‘’Habichuela’’ and Pepe ‘’Habichuela’’
フォト: Alfonso Sanz, César Hernando and Claus Deuble
編集: Martin Kayser-Landwehr
スペインでのリリース年月日: 2005年5月27日

コメント:
コメントする
こちらはドイツ人ディレクターMichael Meertによって製作されたKetamaグループのドキュメンタリーDVDです。またKetamaを作ったRay HerediaとAntonio Floresに捧げられています。しかし、映画はまたフラメンコの3つのジェネレーションの歴史の編集でもあります:Habichuela (Juan and Pepe),彼らの子供たち(後にKetamaに結びつきました),その子供たち,フラメンコの過去と未来について語っています。
 
 
概要:
 Ketamaは80年代の最初に始まりました。伝統的なフラメンコスタイルをあえて壊すことでかつて前例のないほどの成功を収めました。しかしKetamaは彼ら自身の家系の伝統の音楽の歴史によってとても有名になったのです。Juan Carmona "Habichuela"、Pepe "Habichuela", 名声を確立したフラメンコギターの二人兄弟はKetamaメンバーの父親たちでした。世代を越える際には音楽家としての一つの境地を開きながら、困難や創造性がなかったなどということはなく、それらを乗り越え着実にやってきたのでした。子供たちや孫たちに教え伝えていくことは単純に喜びの話というだけではなく、生き残りをかけた真剣そのものでした。現在では、若い世代が彼らの素晴らしいタレントを披露しています。Ketamaは"Habichuela"の伝統の扉を開き、彼ら自身の観点、経験、夢、文化や音楽が染みこんだジプシーファミリーの感性から国の歴史の情熱的な旅へと深く入り込んでいったのでした。彼らの文化や音楽の兆しとはまさに彼ら自身のルーツの生き残りをかけることを意味していました。この最も多様性に富んだツアー、彼らの原点であるアルバイシンやサクロモンテまで、彼の家から彼の先祖の原点インダスまで、また若い世代の人々にいたる偉大な歴史は私たちにこのファミリーを理解する機会を与えてくれています。異なるドキュメント材料の詩的コンビネーション、複数の選ばれた曲や現代に撮られたイメージは受け継がれてきたフラメンコの強さを理解するのに一役を担っています。

 
 

ディレクター、脚本: Michael Meert
国: ドイツ, フランス, スペイン
制作年: 2005
時間: 89 分
ジャンル: ドキュメンタリー
Intervention: Antonio Carmona, Juan Carmona, José Miguel Carmona, Juan Carmona ‘’Habichuela’’, Pepe ‘’Habichuela’’
Production: Carl-Ludwig Rettinger
音楽: Ketama, Juan ‘’Habichuela’’ and Pepe ‘’Habichuela’’
フォト: Alfonso Sanz, César Hernando and Claus Deuble
編集: Martin Kayser-Landwehr
スペインでのリリース年月日: 2005年5月27日

アーティスト
関連製品:
コメントする
弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。