lupa

Ramas Folclóricas(地域音楽分派) Flamenco

  • Garrotín(ガロティン)はタンゴ派に属し、2拍子のメトリック(韻律)で構成されます。アンダルシア起源ではなく、アストゥリアスのフォークロアが後にフラメンコ化されたと考えられています。そのスタイルはタンゴのコンパスに通じるものがあるためカタルーニャのジプシーに関係している可能性が高いと思われます。
  • Sevillanas(セビジャーナス)はバイレのカンテで、スタイルは3拍子のメトリック(韻律)です。セビジャーナスはアンダルシアのあらゆる地域のフェリアで使用される言わずと知れたカンテ&バイレです:とりわけ La romería de El Rocío, Almonteña de Huelva, また4月のセビリヤのフェリア、その他多数です。また同時に様々なロメリアスやパティオでよく聞かれるポピュラーなものです。
    その起源はカトリック両王の時代にまで遡って見ることができます。ジャンルが発達し、さらにフラメンコ化された時代の "Seguidillas castellanas" などいくつかのコンポジションでは、18世紀にバイレが考案され、現在の知名度、地位を獲得していきます。
    セビリヤのフェリアにはセビジャーナという名前で世に出のと同じ年に登場しました。しかし実際にスペイン王立アカデミーによって正式な語彙として認められるのは1884年で、このときをもって正式にスペイン語の辞書に登場するようになります。
    そのバイレはスペインで最もポピュラーで最も認知度があり、ゆっくりなスタイルと速いスタイルとが違い分けられます。セビジャーナスはしばしばペアで踊られます。
    しかしスタイルにはいくつかの例外:フォー“コプラ”(2人以上で踊られる)グループダンスなどがあります。これらがコンプリートセビジャーナとなる セブン "coplas" になる前の、スタイルにおける4つの過程を明確にすることができます: paseíllos, pasadas, careos や remate。直近のコプラでは "copla" ミュージックとバイレはマッチアップします。ロマンティックであり、挑発的で冷徹的でもあります。
    3回の3 x 4 コンパスで、第1は強く、第2第3は弱めです。最初のサウンドは "rasgueo(ラスゲオ)" がカンタンテかギタリストが歌を導き出します。
    ギターはしばしば "palmas" にアカンパニングされ、カンタンテもしくはグループにアカンパニングします。
弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。