lupa

Metrica Binaria(2部構成メトリック) Flamenco

  • Garrotín(ガロティン)はタンゴ派に属し、2拍子のメトリック(韻律)で構成されます。アンダルシア起源ではなく、アストゥリアスのフォークロアが後にフラメンコ化されたと考えられています。そのスタイルはタンゴのコンパスに通じるものがあるためカタルーニャのジプシーに関係している可能性が高いと思われます。カンテは通例バイレにアカンパニングされ、最も盛んだった時期は20世紀の初頭でした。
    詩節は8音節に4つの韻文で、その中で2つ目と4つ目では韻がふまれ、リフレインがあります。

  • Rumba(ルンバ)はタンゴス派の属しスタイルは2ティエンポのメトリック(韻律)です。フラメンコ化されたカンテは“Ida y Vuelta”に属します。音楽のリズムはアフリカに由来するスタイルのようで、その過程はキューバを通して渡ってきた奴隷に関係しているとも考えられています。ルンバはスペイン到着後、“フラメンカ”そして“カタロニア”スタイルとなりました。実際のところ、“当地”のキューバのものよりも Guarachaにそのスタイルは似ています。
  • Taranta(タランタ)は2拍子のメトリック(韻律)スタイルでタンゴのグループに属します。Levantino(レバンティノ)は疑いなくタランタです。そのカンテは長く、ハードで粗く男くささがあります。タランタはカンテ・ミネロです。そこは人を寄付けないほどに自然環境が非常に厳しく、そのような環境で過酷な労働に耐える人々によって詩は綴られました。カンテは半音階、表現豊かで、ギターのアカンパニングはトーンやリズムをつくり重要な役割を果たします。
  • Taranto(タラント)はtangos(タンゴス)のグループに属し、2拍子のメトリック(韻律)スタイルです。その起源はAlmería(アルメリア)にあり、Taranta(タランタ)から派生してきました。そのコンパスは明らかに他と異なり、これによってZambra(サンブラ)に似たバイレの実現を可能にします        。このカンテはアルメリアのカンテ・ミネラの地区にその起源を持ち、カンテ・ミナの中から Taranto へ流れてきました。
    そのカンテは長く、ハードで粗く男くささがあります。タランタはカンテ・ミネロです。そこは人を寄付けないほどに自然環境が非常に厳しく、そのような環境で過酷な労働に耐える人々によって詩は綴られました。カンテは半音階、表現豊かで、ギターのアカンパニングはトーンやリズムをつくり重要な役割を果たします。

    実際にカンテは非常に難しく、文字通り特別な才能を持ったカンタオレス のみがこの種のフォークをカンテすることができました:El Alpargatero, "el canario" など。

    コンパスは4/4 です。
  • Tientos(ティエントス)はタンゴスのグループに属し、2拍子のメトリック(韻律)スタイルのパロです。ティエントと呼ばれるクラシック音楽のタイプがありますが、フラメンコのTientos とは一切の関係がありません。
    韻律法的にコプラは連節の8音節に3つか4つの韻文のリフレインで構成されます。フラメンコのタンゴにその起源を持ちます。実際にはそのリズムはオリジナルよりもゆっくりで、それゆえかつてはTango Tiento(タンゴ・ティエント)と呼ばれていました。
弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。