lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

23

5

Niña Pastori が新作 'La orilla de mi pelo' をリリース

1 コメント

'La orilla de mi pelo' es el álbum para 2011 de Niña Pastori.
Niña Pastori

『La orilla de mi pelo』はNiña Pastori の2011年の新作アルバムです。フラメンコに対するポップの優位性を意識してつくられた作品といえます。歌の最初の数秒間を聴くだけで、このアーティストのスタイルが以前と変 化していることがわかります。今回、フラメンコ化された歌とそのリズムは、以前のフラメンコギターに加えて、アコースティクギターとエレクトリックギター を使用して制作しています。San Fernand 出身のこのアーティストを最もよく表していています。作品のプロモーションビデオはニューヨークで収録されRubén Martín によってディレクトされました。プロデューサーは Chaboli で、"La orilla de mi pelo" にはまた多くの著名アーティストも参加しています。例えばドラムはAlejandro Sanz, Joe Zawinul, Richard Bona, Mariah Carey, Public Enemy y Stevie Wonder らと共演した Nathaniel Townsley 。エレキ、アコースティックのギターには Alejandro Sanz(Alicia Keys とコラボレート), Corine Bailey Rae や Róisín Murphy らと共演したJan Emil Ozveren。 Townsley と Ozveren はこの作品を通してキャリアで初めて Niña Pastori や他のスペイン人アーティストらと共演します: Alfonso Pérez (ピアノ&キーボード) や Antonio Ramos "Maca" (ベース).


Niña Pastori regresa con nuevo disco 'La orilla de mi pelo'producido por Chaboli.
La Orilla de mi pelo. Niña Pastori

「この新作アルバムにはわたしのより熱い“パッション”“ロマンス”“衝動”“ピュアリティ”“マジック”…といったものがが入れ込まれています。」とNiña Pastori は言います。

Niña Pastori は1996年のデビュー(デビュー作'Tú me camelas')以来、“ニューフラメンコ”ジャンルを革新しています。


コメント

  • Monica

    Que ganas tengo de oirte otra vez. Todo lo que haces es una maravilla!!! Te deseo la mayor suerte del mundo para este trabajo.

コメントする