lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

13

7

Matilde Coral はスペインのフラメンコに喜びと謝意の気持ちを表しました

4 コメント

Matilde Coral bailaora y decana de las maestras sevillanas del baile flamenco.
Matilde Coral

セビリヤ出身のベテランフラメンコバイラオーラ Matilde Coral はフラメンコの現在のポピュラリティにたいへん満足また感謝しています。フラメンコは彼女の生きがいであり、彼女の全てです。


Matilde Coral は数年前から "フラメンコは常に在るべき場所に在り続ける" と言っていました。このフラメンコバイラオーラは今週セビリヤのカルモナにあるパブロ・デ・オラビデ大学でフラメンコの講義を行ないました。彼女は現在あるフラメンコの姿はこれまでに決してなかったフラメンコであることを認め、フラメンコの現状に満足すると同時に感謝の意を表しました。「フラメンコの歴史はこれまでに、いい時もあれば、悪い時もありました。そしてわたしが思うに、フラメンコは現在その最高潮にあると思います。」

La bailaora y decana de las maestras sevillanas del baile flamenco, Matilde Coral, está feliz gracias al reconocimiento absoluto que el mundo del flamenco tiene ahora mismo en España, ya que el flamenco para ella es su vida.
Matilde Coral

ここ最近の数年前からフラメンコは国際的な拡がりを見せ始めていましたが、しかしそのサウンドからすればもっと何十年も前の、いわゆる創成期の頃から現在のようなポピュラリティを得ていてもおかしくありませんでした。しかし実際には現在に至るような名声は残念ながら得られていませんでした。フラメンコはそれに携わるアーティストにとって全てであり、人生そのものであり、その優美さに見合った大衆性、名声を得られていないという事実はかれらにとって痛みに似たたいへん辛いものでした。

 

一方で、 Coral は Pastora Galván や Pepa Montes 'El Pipa' など新しい、力あるフラメンコアーティストを認め評価しています。そして、Pastora Imperio Trini España など同時代のアーティスにも同様の敬意を表しています。

セビリヤ出身のこの偉大なアーティストは15歳の時にそれが必然であるようにフラメンコ世界に出会いました。彼女は今日ではフラメンコバイレの長老のような存在で、そのポジションを気に入っていますが、彼女自身それが自身の年齢に由来するものであると冗談を言って人々を笑わせました。アーティストは Triana でいま普通の生活を静かにおくりながら Celia Morales のギター和音を聴くのを楽しんでいます。そのギターを聴きながら、かつてフラメンコ史にその名を残した名ギタリストたちとのコラボレーションを自身のキャリアを振り返っています。

コメント

  • Sylvie

    Matilde Coral la gran maestra del baile flamenco. Es un privilegio haber tenido un genio del flamenco como ella.
  • Amalia

    Bravo por Matilde Coral!!! ha luchado tanto por el flamenco que al final se ha reconocido

コメントする

弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。