lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

8

4

La Niña de la Puebla (ラ・ニーニャ・デ・ラ・プエブラ)

コメントはありません

La Niña de la Puebla

Dolores Jiménez Alcántara は20世紀のフラメンコシーンで最も傑出した女性フラメンコボイスの一つです。その名声はスペイン国内に留まることなく国際的にもたいへんな知名度を獲得しました。その出身地(1909年)であるCazalla村(セビリヤ)は彼女によって有名になりました。

彼女は盲目のフラメンコアーティストでした。彼女が光りを失ったのは生後わずか3日後のことでした。にもかかわらず約1世紀近くにもわたってファンを楽しませました。そして1999年にマラガでその生涯を閉じました。Mérito de las Bellas Artes の金賞が与えられる日のわずか1週間前のことでした。


彼女のフラメンコへの愛情は人々の記憶にいつまでも残ることになりました。それは彼女の才能や彼女が世に出した作品が数多いからだけでなく、死そのものでした。彼女はタブラの上で亡くなりました。当時の記事ではこのようにかかれました:“ La Niña de la Puebla はソレアを歌いながらそのまま天に昇った...。”

亡くなる前の週にウエルバでリサイタルを持っており、そこでレブリハノのダークなメロディに“光り”を与えてすぐのことでした。突然床に倒れ、病院に運ばれましたが、マラガの Carlos Haya 病院で亡くなりました。


La Niña de la Puebla

彼女は理髪師の娘で彼女の父はカンテの愛好家でした。彼女は8歳の時に音楽教室に通い始めました。そして20歳のときに Morón de la Frontera のフェスティバルに初めて参加し、その後長く続いていく彼女のキャリアをスタートさせました。そのキャリア成功に満ち溢れ、これらは Niño de Marchena に大きな影響を与えました。

彼女のパフォーマンスのそのポピュラーエッセンスで特徴付けられます。その事実を物語るように彼女の死後、子供の一人は言いました「母の望みは父である Luquitas de Marchena とかつてカンテを歌ったコロンビア人アーティスト Serranía de Brasil に記憶されることでした」。

それはコロンビアの歌のようにライトで La Niña de la Puebla がセギリージャスやソレアのようなベーシックなレパートリーを統合するまでやっていたファンダンゴスのリズムでした。

他にもタンギージョスやマラゲニャスなどあらゆるタイプのカンテが際立っていました:ビジャンシコス、タランタス、グラナイナス。

La puebla de Cazalla はこの不世出のアーティストをいつまでも誇りに思っています。彼女は盲目のアーティストでしたが、そのキャリアは眩しいほどに輝かしいものでした。彼女はこれまでの、そしてこれからのフラメンコの歴史でいつまでも女王として君臨し続けます。


コメントする