lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

10

9

Jesús Quintero が自身のステージにフラメンココプラのアーティスト20人以上を集めます

1 コメント

Jesús Quintero reúne a más de 20 artistas de la copla flamenca en su Teatro.
Jesus Quintero

様々な世代のコプラのアーティストが一つのステージ Teatro Quintero に集います(9月16日~10月10日)。

ステージはとりわけコプラに専心され、その種のものではこれまでになかったほどのイベントになると予想されます。

このコプラのセッションでは"コプラにおけるアンダルシア人”として3つの世代が Teatro Quintero に集まります。

スケジュールではもはや大御所的なアーティストから、デビューしたばかりのような新人まで様々なアーティストがコプラの歴史の中でも最も美しい曲を複数パフォーマンスする予定です。

このセッションは La Bienal de Flamenco に合わせておこなわれ、そのため様々な世代のアーティストを集めることが可能となり、素晴らしい機会を最大限に活用したイベントとなります。

 

Jesús Quintero は時代の代表的なコプラアーティストが参加するようなこのイベントの実現を長らく夢見て、それがついに実現する運びとなりました。しかしステージはコプラのアーティストが多数集まるものの、それだけにとどまらず、他にも多数のアーティストが参加します。

El Ciclo lo abrirá la particular artista de origen guineano Concha Buika quien aunque ha interpretado diversos géneros jazz, flamenco, funk o boleros.
Buika

セッションはギニア出身の Concha Buika のスペクタクルで幕を開けます。このアーティストは実際には多様なジャンル (ジャズ, フラメンコ, ファンク o ボレロス)を持っていて、今日までコプラに特化したステージに立ったことがありません。しかし、このアーティストのパフォーマンス(9月16日~17日)は間違いなく必見のステージとなるでしょう。このコプラのステージに立つ他のアーティストは Lola Reina です。疑いなくこのジャンルの重要アーティストでありReinaの家系のアーティストが Joaquín Saez & Rosario Montoya " La Reina Gitana" らを伴ってのスペクタクルでわたしたちファンを魅了します。La Bienal de Flamenco に合わせて行なわれるこのイベントは結果として“両方”のジャンルを結合させました。そこには現在最高のフラメンコピアニストたちが参加し、パフォーマンスは他では決して見られないようなオリジナルなものとなるのは間違いありません。フラメンコとコプラは親族関係とよく言われます。

Teatro Quintero は文字通りフラメンコ&コプラに専心し、女性アーティストらのパフォーマンスを観たときわたしたちスペクテーターはフラメンコとコプラの想像を超える融合を目にすることでしょう。

Charo Reina の妹 Lola Reina そしてそのいとこで最高のコプラアーティストでもある Juana Reina が登場します。彼女の引き継いだ驚愕の声は未だに色褪せることなくわたしたちを圧倒します。そして彼女と一緒にさらにもう一人“ Reina ” で "Reina Gitana" の名を持つ Rosario Montoya、彼女はジプシー出身としてとしてスペインで初めてピアノの教師となりました。彼女は el Real Conservatorio Manuel de Falla で音楽を学びました。

一人の若い“ reina ” がフラメンコピアニストとしての自身の才能実力を持って大衆を魅了していきます。第一回の "Se llama copla" のグランプリの  Antonio Cortés も La Banda Sinfónica Municipal de Sevilla を引き連れてこのステージに戻ってきます。楽団は 45 もの楽器で、ショーは9月25日に行なわれます。現在、レコーディング中のアルバムは Warner レーベルから10月にリリースされる予定です。アルバムは Chico Valdivia によるものでプロデューサーは Diana Navarro です。スペクタクルはまさに“マジック”でモダンで流行をおったミュージックジャンルを確立しています:  Charo Reina スペインのコプラアーティストでもマルチアーティストの一人です。 カンタンテとして、俳優としてコラボレーターとして活躍しています。彼女の叔母は Juana Reina です。

彼女のアーティストとしての醍醐味、真骨頂は35年以上にわたって世界の有数の国際舞台を経験してきたことです。彼女のレパートリーはよりクラシック調で象徴的なのコプラです。このコンサートでは Charo Reina は2人のアーティストをゲストとして招きます。一人はセビリヤ出身の若きアーティスト Jesus Morilla、 Charo はこのアーティストにコプラジャンルの将来を担う大きな期待を寄せています。 Jesus Morilla は“歌うこと”のみならず、ステージ上の演出やコントロールを既に熟知しています。そのほかのセッションは10月8日と9日に Falete によって予定されています。Jesús との共演により Quintero 劇場は大いに盛り上がることでしょう。 Falete は自身ののコプラを2組のドゥエットでパフォーマンスします:  Erika Leiva と Rosa Marín (第1回 Se llama Copla de Canal Sur TV の出場者)。

 

プログラム:
9月:
16日(木) CONCHA BUIKA. 21:00 h.

17日(金) CONCHA BUIKA. 21:00 h.

24日(金) LOLA REINA. Artistas invitados: Joaquín Sáez y Rosario Montoya "La Reina Gitana". 20:30 h.

25日(土) ANTONIO CORTÉS con la Banda Sinfónica Municipal. 21:00 h.

 

10月
1日(金) MARÍA VIDAL. Artista invitado: Diego Benjumea. 20:30 h.

2日(土) MARÍA VIDAL. Artista invitado: Diego Benjumea. 20:30 h.

7日(木) CHARO REINA. Artista invitado: Jesús Morilla. 20:30 h.

8日(金) FALETE. Artista invitada: Erika Leiva. 21:00 h.

9日(土) FALETE. Artista invitada: Rosa Marín. 21.00 h.

 

入場券は窓口で直接購入できるほか Caixa www.servicaixa.com. と通して購入することも可能です、その場合の金額は 25 ユーロです。
さらなるインフォメーションは: María González Mediavilla  (678 697 964)prensa@teatroquintero.com

コメント

  • Anna

    quel beau mélange, très intéressant!

コメントする