lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

16

6

Diego 'El Cigala': 「フラメンコとタンゴはソウルミュージックのようです」...ニューアルバム ''Cigala & Tango''

1 コメント

"Cigala&Tango", que se pone a la venta el próximo 20 de junio, es el octavo disco de la carrera de Diego "El Cigala"
Diego El Cigala
"Cigala&Tango" は6月20日にリリースが予定さています。
このディスクは Diego "El Cigala" の8枚目の作品で Andrés Calamaro と Néstor Marconi 、 Juanjo Domíguez らとのコラボレーションがされています。

ニューアルバム "Cigala&Tango" では Diego "El Cigala" はアルゼンチンの伝統フラメンコを取り入れたように思われます。とりわけ彼が11のハードなタンゴを歌うとき、作品はまるで“ソウル・ミュージック”のようになり、 "Garganta con arena" を歌うときその夜はアルゼンチンのオーディエンスと見事に共有されます。
"実際にフラメンコとタンゴは異なるジャンルのものです。しかしこれら2つのミュージックタイプはミックスすることが可能です。なぜならこの2つのミュージックのルーツは共にソウル・ミュージック、マジカルなミュージックからきているからです。と Diego は言っています。
今度の日曜日、ディエゴはブエノスアイレスでのライブ収録 Cigala & Tango をリリースします。そのライブではアルゼンチンの Calamaro とコラボレートしています。
 'El Cigala' (Madrid, 1968) の最新作は11のクラシックタンゴで構成され、アーティストはそこで見事にフラメンコのアクセントとを付け加えています。収録は先4月29日の Grand Rex de Buenos Aires でのショーでのものです。作品では "El día que me quieras", "Sus ojos se cerraron" や "Tomo y obligo" などが聴かれます。
En su nuevo disco "Cigala&Tango", Diego "El Cigala" viste la tradición argentina de flamenco al interpretar los once tangos que le han hecho "más daño"
Diego El Cigala
このようにして、彼の前作アルバム"Lágrimas negras"で Bebo Valdésとコラボレートしてボレロをリリースしてから、Diego "El Cigala" はアルゼンチンの音楽文化を勉強研究しました。アーティストによれば 「タンゴはフラメンコとミックスさせながら様々な方法で歌うことができます。重要なこと合わさる音楽がそれぞれ“真物(ほんもの)”かどうかです。」

「これらの歌を創造していくアイディアはブエノスアイレスで3,4年前に初めて思いつきました。そこではタンゴを十分に知る機会がありました。Gardelのアンソロジーをわたしにプレゼントしてくれました。そしてわたしはこれらを深く掘りさげていく機会をもちこのプロジェクトを始めるに至りました。」とアーティストは言っています。
これらの歌はまさにこのアーティストの生涯にわたって愛するクラシックであったものの、ブエノスアイレスでのその瞬間まで出会うのに時間がかかりました。
このジャンルに始めてであったとき、アーティストはまず叔父の Rafael Farina に感謝しました、
'El Cigala' は来る6月22日に アメリカ (ニューヨーク と マイアミ) 、カナダでのツアーをスタートします。そしてその後、ヨーロッパに戻りスペイン、ドイツ、フランス、オランダ、ベルギーなどの国々を周ります。

コメント

  • Ally Vega

    did he perform already in New YOrk City? if not can you please give me the dates

コメントする

弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。