lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

4

5

2011年 セビリヤのフェリアが開幕

1 コメント

La Feria de Abril de Sevilla, que este 2011 cae curiosamente en mayo
Feria de Abril 2011

2011年、セビリヤのフェリアは珍しくも“5月”に開催されます。
イベントは5月2日から3日にかけての深夜に、伝統的な蝋燭の灯の行進で幕を開けます。街頭は電球の光で装飾され、フェリアは開幕を告げます。4月のフェリアはセビリヤの街を一週間に渡って彩るポピュラーなフェスティバル行事で、美食や酒類、闘牛、とてもアンダルシアンなカンテやバイレのスペクタクルなどとのコンビネーションもあります。

Los Remedios の地区には数百にもなる“casetas” と呼ばれる“小屋”があり様々なタイプの余興イベントがあります。
4月のフェリアは6日間続きます。
その幕開けの夜には決まって “pescaíto”  と呼ばれるMerluza(タラ)の幼魚のフライを食します。これはいわゆる儀式の一つで前述の“蝋燭の灯の行進”に先立って行われます。そして市長によってデコレーションの電球に灯が点されます。その幕開けの夜には決まって “pescaíto”  と呼ばれるMerluza(タラ)の幼魚のフライを食します。これはいわゆる儀式の一つで前述の“蝋燭の灯の行進”に先立って行われます。そして市長に よってデコレーションの電球に灯が点されます。
一般的には月曜日の夜が開幕とみなされてはいますが、日曜日にプラザで闘牛が行われた後、電球の灯が一斉に消灯され、花火が行われるときにフェリアは開幕のムードのピークを向かえます。
Portada de la Feria 2011 dedicada al Vº centenario de la Primera Vuelta al Mundo
Portada Feria de Abril de Sevilla 2011

2011年フェリアカレンダー

5月2日(月):

‘pescaíto’ の夕食、デコレーション・バルブの点灯

5月3日(火):

オフィシャルレセプション、企業による昼食会。デコレーションバルブは午前3時に消灯。

5月4日(水):

フェリアの中間日。デコレーションバルブの消灯は午前4時。

5月5日(木):

各種アクティビティの初日。フェリアは午前5時まで。

5月6日(金):

著名人や政治家たちが来訪、スペクタクル多数。

5月7日(土):

来訪者の日。地元のセビリヤの人たちは来訪者に“場所を提供するべく”家に落ち着く。 消灯は午前6時。

5月8日(日):

閉幕の日。マエストランサ・プラザでの闘牛、花火。


1848年、4月のフェリアは17日、18日、19日に聖週間の月、火、水に一致させて行われたのがその始まりです。しかし、その後これら二つの大きな行事(聖週間、フェリア)を両立させることはどうしても難しいと判断されました。
それは第一に、フェリアのフェスティバルの雰囲気と聖週間の荘厳な行列は一致すべく要素がなく、第二に、似ても似つかないこれら重要二大行事を一度にしかも同じ場所で催すことは到底不可能と結論付けられたためです。
その時以来、“フェリアはその年の聖週間の2週間後の月曜日に開催される”という慣習がつくられ現在に至っています(しかし例えば、聖週間が4月のかなり遅い時期にある年ははそのインターバルになる期間は短くされます)。


コメント

  • Concha

    Por fin me entero cuando empieza la feria de abril!!!!!!!!!. No sabía porque cambiaba la fecha todos los años. Gracias

コメントする