lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

2

4

第14回ヘレスフェスティバルの受賞者たち

第14回ヘレスフェスティバルの批評家たちは投票によって‘Leyenda personal’を批評家賞受賞作品に選出しました。受賞セレモニーは3月7日、Villamarta劇場にてla Compañía Joaquín Griloによっておこなわれました。

一方で Bar Juanito によっておくられるRevelación賞はその多才さと見ていて心地よさを感じさせるそのパフォーマンス ‘Bailes alegres para personas tristes’ からバイラオーラ Olga Pericet の手にわたりました。この作品はla Compañía de Belén Maya が3月8日に Villamarta 劇場にて初公開しました。このとき批評家はコルドバ人の貢献を高く評価しました。作品にはゲストアーティストとしてBelén Maya, Juan Carlos Lérida (舞台ディレクター) と David Montero (音楽ディレクター)らが参加していました。

Olga Pericet はこの作品の上演中、「単に美しくとどまるだけでなく、同時に一つの追求である」という旨の主張をおこなっていました。

 “リハーサル一つ一つ、動き一つ一つが異なります。わたしはこのコラボレーションにたいへん満足しています。なぜなら創造のためのスペースが常に存在するからです” と言っています。

スペクタクル ‘Reencuentro’ は Joaquín Grilo によって指揮され、マエストロ Fernando Belmonte に捧げられました。結果として第14回ヘレスフェスティバルの パブリック賞に選出されました。選出理由はビジャマルタ劇場でおこなわれたその他のスペインのバイレやバイレフラメンコとは明らかにことなる素晴らしいものだったからです。

‘Reencuentro’ はオーディンスから9.52ポイントを獲得しました。第2位は Joaquín Grilo の作品 ‘Leyenda personal’ でポイントは9.38でした。そして第3位は Rafaela Carrasco の ‘Vamos al tiroteo, versiones de un tiempo pasado’ で 9.10 ポイントでした。Fernando Belmonte は30年間の沈黙を破って戻ってきました、3月13日にパフォーマンスをおこないフェスティバルの締めを飾りました。

Joaquín Grilo のオリジナルアイディアと指揮で、このヘレスの団体の“真骨頂”が他のバイラオーレス:Ángel Muñoz, Fernando Galán, Christian Lozano, Alicia Márquez, Úrsula López と Charo Espinoらと融合しました。

作品は実際的に編年体で Belmonte のLa Albarizuela地区の幼少時から80年代初頭までのバレエ団結成まで。

ヘレスフェスティバルの賞の全てはベストのパフォーマンスをもって参加したアーティストにそれぞれおくられます。授賞式は来年におこなわれます。

コメント

コメントする