lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

5

3

ヘレスフェスティベル5日目: Matilde Coral, Ramón Trujillo & Niño de la Fragua

Matilde Coralはヘレスフェスティバルのニューセッションを開始しました: このセッションは大衆に無料で公開され、フラメンコの“レジェンド”らによるインタビューも行われました。

Juan de la Plataがフラメンコ講座50周年うぃ記念した際にMatilde Coralに行われたインタビューどこかしらに通った共通するものがありました。しかし今回は、セビジャーナ出身の普遍のバイラオーラでありフェスティバルの“マドリーナ”がJesús Vigorraよりインタビューを受けました。

Coralは“escuela sevillana de baile andaluz”の名付け人で指導者です。またセビリヤ市のメダル保持者でありMerito en las Bellas Artesの金賞受賞者です。Carlos Sauraの長編映画“Flamenco” と “Sevillanas”に拍手喝さいで迎えられました。1967年のトゥリアナのセビジャーナ地区に自身のアカデミーを開設しました。今日ではフラメンコの最も偉大なダンスマエストロの一人として知られています。

宮殿のセッションではギタリストRamón Trujillo と カンタオール Niño de la Fraguaらによるダブルセッションが行われました。
Ramón Trujilloはクラシックなリサイタルを披露し、ホンド芸術の主要なパロスをパフォーマンスしました。

第二番にはPedro Garrido “Niño de la Fragua” が彼の叔父Juaneをステージに上げパフォーマンスしました。ギタリストPascual de Lorcaがコラボレーションを果たしました。

コメントする