lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

8

3

ヘレスフェスティバル6日目: Victoria Eugenia, David Lagos, Andrés Marín & Ana Morales

フェスティバルでのMarta CarrascoによるVictoria Eugeniaへのインタビューは続きます。Victoria Eugeniaはスペイン国立バレエにおける重要な人物の一人でスパニッシュダンスのスターです。BNEのマエストラに加え、1993年から1998年まで“Solo”, “Danza IX”, “Chacona” y “La oración al torero”など有名な振り付けを考案しました。

宮殿内のコンサートセッションではヘレス出身のDavid Lagosが自身の作品“El espejo en el que me miro”からのテーマを歌いました。歌はフラメンコの発展に努めてきた先人たちに敬意を表してこの作品を歌いました。ギターには彼の兄弟Alfredoが参加しました。

舞台はVillamarta劇場に移ります。バイラオールAndrés Marínが自身の前衛作品“La pasión según se mire”を披露します。このセビリヤ出身のバイラールのバイレは概念的、抽象的で、思慮深いオリジナルな雰囲気を持っています。今回のスペクタクルでは、ゲストアーティストとして全体“自由”なものでした: Lole Montoya や José de la Tomasaなど自身らの思い描くそのままに歌い、ホンド・アートを存分にパフォーマンスします。

Ana MoraleはCristina Heeren団のマエストラです。昨年のフェスティバル協会の“El Desplante”を受賞し、今回のヘレスフェスティバルのソロセッションにおいては見事な作品“De Sandalia a tacón”を初披露しました。このバルセロナ出身のバイラオーラはフラメンコバイレの“金字塔"をその歴史でもって描き演じます。Telethusaからlos cafés-cantanteまでバイラオールRubén Olmoとコラボレートし、ギターのJesús GuerreroとOscar Lago、Jallal Chekkaraのバイオリンやアラブの声が参加します。

コメントする