lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

23

3

ヘレスフェスティバル13日目: Luis El Zambo, Fernando Romero & Adrián Sánchez

カンタオール Luis Fernández Soto “El Zambo” 先祖伝来のエコー、またその“うめき”の声量はまさに感嘆に値します。 カンテの完璧なマスターで、またそのスタイルは“まさにヘレス”といえます。Luis はそのパフォーマンス手法やカンテのマスター法などから、若いアーティストたちにとってまさに鑑のような存在です。パレスセッションではマイクなしでオーディエンスを十分に酔わせるヘレスの歌声を示してくれました。

セビリヤ出身のバイラオールであり、また振り付け師でもある Fernando Romero はフラメンコバイレをクラシックにとり込むという新しい試みに挑みました: “Historia de un soldado” は Stravinski の1918年の作品です。Romero は作品の役柄にまさに入り込み、鬼気迫るパフォーマンスをしました。配役はJuan José Amador と Miguel Ortegaがまるで語り手のように完成させ、Isabel Bayónはプリンセサの役でした。

“一人の兵士の歴史”がフラメンコのバイレで表現されます。時代は前世紀初頭で、Antonia Mercé の “La Argentina” をアーティストのサイズ、表現力でパフォーマンスしました。José Granero や Mario Mayaなどのアーティストが参加しました。

夜中のセッションではバイラオール Adrián Sánchez が La Sala Compañía で “Por los cuatro costados” を グラナダの街や芸術、伝統、聖週間 などなどに敬意を表してパフォーマンスしました。もちろん言うまでもなくフラメンコに向けても。Sánchez はヘレスフェスティバルではソロで演じ、生まれ故郷への愛情でもってスペクタクルを描写表現しました。彼のプロ意識の強さからくる不安や欲求が表れています。

コメントする