lupa

ブログ Flamenco

カテゴリー

17

3

ヘレスフェスティバル10日目: Patricia Ibáñez, Abel Harana, Joaquín Grilo & Soniquete

このニューセッションではバイラオール Abel Harana と ヘレス出身のバイラオーラ Patricia Ibáñez が “Memoria Antigua” を初披露します。こちらではヘレスのフリホネスのセギリージャのような、使われなくなった意味、スタイルを復活させる試みがおこなわれました。

Joaquín Grilo は自身の最新のスペクタクル“Leyenda Personal”のリエディッションでヘレスフェスティバルの第一線に戻ってきました。このヘレス出身のアーティストは自身の作品をサウンドやフォーマットなどほぼ完全に改良リニューアルしました。作品は以前のものに比べて全く新しいものとなりました。数々の新しいモンタージュの中でピアニスト Dorantes とのコラボレーションが行われ、複数のバイラオールが登場しました。

Grilo は国際フラメンコ界 における熟達したアーティストであり、事故探求を続けるバイラオールです。彼とともに、José Valencia や Carmen Grilo らのボイスや Juan Requena のギターも注目です。

ヘレスのカンテで長らく期待され未だペンディングとなっているのはフラメンコの“ニューバリュー”の刺激です。Soniquete のような8人のヘレスの若者で構成されたグループなど。Ángelesの歌 “Junquerita”, Reyes Moreno; Teresa Moreno, Dolores Carrasco, Manuela Fernández Martínez y Manuel de la Chochete y el toque de Jesús de los Ríos y Fernando Romero Morenoなどは同時代のトレンドをとりいれて、サウンドにフォームをあたえます。

コメントする