lupa

19

3

ヘレスフェスティバル11日目: Silvia Durán, El Londro & Belén Maya

Silvia Durán はバイレにおける偉大なアーティストの一人でセッションの三番目に登場するアーティストです。Silvia DuránへのインタビューはジャーナリストRosalía Gómezによっておこなわれ節度あるインタビューとなりました。このアーティストは国際的に知名度があり、 Fernando Belmonte, Paco Ruiz, Carmen Rojas, Victoria Eugenia や José Granero など著名なアーティストらとステージでコラボレートしてきました。Durán はEscuela Boleraからクラシックバレエ、クラシックダンス、フラメンコをとおり、los Bailes del Candilまでも伝える実力を持っていました。

Miguel Ángel Soto は“El Londro”で初めてソロとしてヘレスフェスティバルに登場しパレスセッションでパフォーマンスしました。彼のキャリアは常にバイレのためのカンテではあったものの、14年間のエディションでいつもコンスタントに続いてきました。
Mercedes Ruiz, Isabel Bayón, Israel や Pastora Galván もしくは Andrés Marín らは自身らのボイスでパフォーマンスしたアーティストでした。
アーティストの最初のCD “Luna de Enero ”でこのヘレス出身のカンタオールはソロを行いまいた。

彼の真価とプロフェッショナリズムはまさに“対”をなす以上のものです。ギタリスト Chicuelo, Santi Lara や Antonio Rey  El Londo でパフォーマンスしました。

第14回のヘレスフェスティバルで最も期待されていたステージの一つが Belén Maya の “Bailes alegres para personas tristes” です。
このスペクタクルに向けて Maya コルドバ主審のアーティスト Olga Pericet とのコラボレートしています。さらには音楽ディレクターとして David Montero が参加しています。

“Bailes alegres…” で Maya は既存のタイプを壊しました。個人主義から“会話”を常に求める“プルラル”のステップへと前進します。

コメントする

弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。