lupa
section image

マニラショール 肩掛け(大きめ)

Comentario FlamencoExport

アンダルシアでは花をモチーフにしたものなど、まさに国の文化を表すものでショールを満たしその特性、性質を表現します。

Consejo FlamencoExport

スペインにおける手工芸はデザイン性に加えて、画の繊細さや優れた技巧のみならず、その画に施されたモチーフの色使いや浮き出し、陰づかいにおいても傑出したものを持っております。

 最もよく使われるマントネスのタイプは以下のようなものです
 
  伝統的モデル:画は複雑でありながらとても繊細で微小なものです。またしばしば黒や象牙色の色を使って刺繍が施されます。
  イサベリノ:4つの隅はしばしば刺繍が施され、中心は図柄が全くないか小さな花の束が点在しております。
  デ・シガーラス:図案は生き生きとした調の大きなバラが描かれております。
  デ・パハロス:図案は鳥で満たされ、また小さなグループのバラの束、それを補う更なる花が描かれます。鳥の翼や体を刺繍するためしばしばシルクや混合素材が使われます。
  デ・ロサス:マントン全体がバラで刺繍され異なった色使いがされます。