• home
  • 連絡先ヘルプ 連絡先ヘルプ
  • home (0034) 91 542 72 51

    (+34) 91 542 72 51


    お電話によるカスタマサ-ビス受付はスペイン語、英語、フランス語で月曜日から金曜日までの10時~13時半と16時半~20時まででおり、土曜日の10時~14時になっております。また、日本語の受付は土曜日の10時~14時のでございます。(サマ-タイム期間3月最終日から10月最終日曜日は日本との時差が通常の8時間から7時間に変わりますのでご注意ください。)また、1月1日と6日、3月29日と30日、5月1日と2日と15日、8月15日、10月12日、11月1日と9日、12月6日と8日と25日は休業致します。


     受付・問い合わせメ-ルアドレス: japan@flamencoexport.com


  • ヘルプ ヘルプ
  • Lista de precios Lista de precios
  • ご注文商品の手配・準備状況 ご注文商品の手配・準備状況
  • 卸売業・小売業のみなさま 卸売業・小売業のみなさま
  • ブログ ブログ
  • TV TV
  • FACEBOOK Facebook
  • TWITTER Twitter

マイカート

商品なし
サイズ
Mostrar más / menos
サイズ
Order ご注文商品の手配・準備状況 FAQS ヘルプ Access 卸売業・小売業のみなさま

フラメンコ・ドレス




Comentario FlamencoExport

フラメンコは数ある地域衣装の中で唯一流行にマッチしたものです。そのシルエットから“ギター・ボディ”と言われるこれらドレスは全ての女性が着こなせることでたいへん愛されています。
季節によって首のラインがV字、スクエア、もしくは丸く開いているものなど、また後ろで髪を留めることで首を美しく見せ、タイトなドレスは腰を美しく見せ、ドレスを着ている女性をより幸せにより女性的にしてくれます。さらにドレスはショール、造花の髪飾り、ブローチ、イアリングなど他の異なるアイテムとのコンビネーションにより相乗的な効果を生み出します。

Origen del traje de flamenca

フラメンコドレスの起源は元々アンダルシアの田舎の女性の作業用のツナギでした。最も広く使われていた布地はパーケル(綿布)で裾の部分に一つもしくはそれ以上のフレアーカットのひだ飾りを持っていました。
そしてエプロンはドレスを保護するために腰に巻かれていました。
最もよく使われていたアクセサリーは控えめなジュエリー、もしくはクラシックで明るい色で塗られた木製のリング、ブレスレットでした。花もまた髪を束ねる大きな髪飾り用櫛のとなりに付けられました。
弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。