• home
  • 連絡先ヘルプ 連絡先ヘルプ
  • home (0034) 91 542 72 51

    (+34) 91 542 72 51
    お電話によるカスタマサ-ビス受付はスペイン語、英語、フランス語で月曜日から金曜日までの10時~13時半と16時半~20時まででおり、土曜日の10時~14時になっております。また、日本語の受付は土曜日の10時~14時のでございます。(サマ-タイム期間3月最終日から10月最終日曜日は日本との時差が通常の8時間から7時間に変わりますのでご注意ください。)また、1月2日と6日、3月20日、4月13日と14日、5月1日と2日と15日、8月15日、10月12日、11月1日と9日、12月6日と8日と25日は休業致します。

    受付・問い合わせメ-ルアドレス: japan@flamencoexport.com


  • ヘルプ ヘルプ
  • ご注文商品の手配・準備状況 ご注文商品の手配・準備状況
  • 卸売業・小売業のみなさま 卸売業・小売業のみなさま
  • ブログ ブログ
  • TV TV
  • FACEBOOK Facebook
  • TWITTER Twitter

マイカート

商品なし

ブログ

LOLA

カテゴリー

1月

20

1 コメント

Estrella Morente が第20回フラメンコフェスティバルの幕開けを告げ、Moraito Chico に捧げます

Estrella Morente abre el XX Festival Flamenco, que homenajea a Moraito Chico
Estrella Morente

フラメンコアーティスト Estrella Morente は来る2月7日Teatro Circo Price で開幕される BANKIA フラメンコフェスティバルを引き受けることになります。フェスティバルはヘレス出身で昨年8月に逝去したギタリスト Manuel Moreno, Moraíto Chico に敬意を表したものになります。
パンフレットにあるように、2月7日~11日の夜には他にも複数のアーティストらの参加が予定されています;José Cortés Pansequito (2012年アルカラ通りフラメンコ大賞で長きに渡って Antonio Gades とコラボしてました。15歳の時にマドリードにやってきました。)

Estrella Morente は Enrique Morente と José Mercé らとともにフラメンコの時代の変遷の“第三期”を象徴するアーティストであり、まさに唯一無二のジェネレーションといえます。今後このようなアーティストの再来は難しいでしょう。
フラメンコ彼ら偉大なアーティストの活躍により文化世界遺産にこのたび認定されました。

今、フラメンコは文字通り駆り立てるような“勢い”を必要としています。それはフラメンコの若きアーティスト;Francisco José Ramos, Arcángel らを刺激し、モチベーションを高め新たなフラメンコの歴史を切り開いていくものです。

8日の水曜日にはアーティスト Alonso Núñez Rancapino がステージに登場し Fernando Moreno や Manuel Moneo El Barullo との競演が予定されています。


Tributo a Moraíto Chico en el XX Festival Flamenco en el Teatro Circo Price
Moraito Chico

翌日の木曜日はまさに Moraito Chico に捧げる日となります。多くのアーティスト; José Mercé, Diego del Morao, Chícharo や Mercedes García らが参加しまた、Fernando de la Morena, Juana la del Pipa y La Macanita ら文字通り“ピュアリスト”セレクションアーティストが参加し、彼らにギターアカンパニングとして Enrique Soto Sordera, Manuel Parrilla らも登場します。

Niño Josele (Juan José Heredia) は Alain Pérez, Israel Suárez Piraña や Juan de Juan らにアカンパニングされ10日の金曜日のステージに登場します。その日は Pansequito がそのキャリアを称えられて表彰が行われます。

Pansequito はその直後にステージでパフォーマンスを行い Manuel Parrilla と競演、その後 Mariana Cornejo と競演しギターには Antonio Carrión を従えます。

最終日には、フラメンコのもう一人の革命児 Arcángel が登場します、Miguel Ángel Cortés がこのアーティストにアカンパニングすることが予定されています。彼はグループ María Toledo の一員で唯一の非アンダルシア出身メンバーとして知られています、しかもピアノ演奏でアカンパニングします。

フェスティバルは La Casa Encendida にて、メーンのステージに平行して様々なアクティビティが予定されています;トークやリサイタル、ディベートなどなど興味深いものばかりで、さらに今回のエディションではPedro Quiñones によって書かれた Rancapino の未編集バイオグラフィのプレゼンも予定されています。これによって2月1日水曜日のアクティビティは終了します。


木曜日には Agustín Castellón Sabicas の生誕百周年を記念したアクティビティが、さらに金曜日には創設50周年を迎えるフラメンコサークル“El Taranto”がステージに登場します。

José Fernández Torres や Tomatito は今回のシーズンに招待され、 Patio de La Casa Encendida にて彼の息子である Tomatito(13歳)が登場します。


コメント

  • roberto

    Me alegro que hagan un homenaje a este pedazo de artista!!! Enhorabuena.

コメントする

弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。